私的なブログ

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.01.09 Tuesday

断酒60日

継続出来る自信がなかったので、あまり触れなかった断酒の話です。
昨日で60日目を迎えました。
最初の難関だと思っていた年始年末を乗り越えて少し安心したので、話題にしてみようと思いました。

「お酒止めてるんだ」
と言うと必ず、
「どっか体悪いの?」
と尋ねられます。
別に何処かが凄く悪いわけではありません。
勿論、健康診断時の肝臓や内臓系の数値は余り良くありませんが、
「少し控えた方が良いのでは・・・・。」
とヤンワリと叱られる程度でした。

一番大きな理由は「睡眠」、そして「悪夢」対策でした。
元々寝つきが悪く、場所が変わったくらいで直ぐに寝れなくなるたちなので寝酒にというような気持ちもありました。
しかし呑んでいると3時間くらいで目が覚め、その際にかなり強烈な悪夢を見ているような事が増えてきました。
内容までは憶えてなくても(中には強烈に残るものもあります)、その恐怖感が中々消えずに暫く布団の中で震えている事も結構ありました。
そんな折に雑誌で睡眠の特集を目にして、睡眠の中途覚醒の要因は飲酒にもあるという事を知りました。
まぁ、薄々は感付いていたのですが。

断酒をして10日目くらいから睡眠は劇的に変わりました。それは正直驚いてしまうくらいでした。
夜中に起きる事が殆ど無くなり、眠りが深くなったことを強く実感出来ます。
発泡酒も呑まないから、トイレに起きる事も少なくなりました。
ちょっと寝過ぎた時などに変な夢を見たりはしますが、以前のような恐怖感を引きずる事はありません。
「何か変な夢だったなぁ〜」
くらいで直ぐに忘れてしまいます。
やはりアルコールを分解するために睡眠中も体は働き続けて、その何十年の蓄積がダメージを与えていたという事なのでしょう。
「悪夢」は「もうボチボチ限界です」というサインだったのかもしれません。

という訳で文字通り一滴も呑んでいません。
「ちょっとだけ一杯だけ・・・」
という気持ちで呑むと戻ってしまう気がしています。
物凄い量を呑んでいたわけではありませんが、自分がアルコール依存症であるという気持ちを持って臨んでいます。
ニコチン依存症は克服出来たので今回も頑張ればと思っています。

ただ多くの酒蔵などで出会った、人々の生活に潤いを与えようと美味しいお酒を一生懸命作っている人たちに対しては申し訳ない気持ちがあります。。
本質はお酒が悪いわけではなく、コントロール出来ない自分の問題ですから。
いつの日か、
「おめでたい日だから今日だけは美味しいお酒をちょっとだけ。」
という強い自分になれればと願っている今日この頃です。

<1月10日追記>

驚いた事に昨夜、中ジョッキを飲んでしまって「しまった〜!」と思う夢を見ました。
これは煙草を止めた時にも見た夢で、まったく同じなのですね。
昨日掲載し忘れた一番大事なことも。

2018/1月18日(木)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】大海有輝/矢舟テツロー/榎本高/他
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

誕生日ということで拡大版45分のセットです
出演時間は20時55分前後を予定しています


21:38 | 日記 | comments(2) | - | - | - |
2018.01.01 Monday

賀正!

<寺家の森の秀吉クン>

という訳で(どんな訳?)で新しい年が始まりました。
今年も一年よろしくお願いします。

昨日、大晦日は狩野良昭ライヴ@吉祥寺GB。
ポカは何カ所かあったものの、楽器の鳴りや声の出方は結構満足のいくものでした。
この調子で18日のGBライヴまでいきたいものです。

なので今日から篭って曲作りを始めました。
初日としては良い感じでした。18日に間に合うかは微妙ですが、去年作ってライヴでやっていない曲もあるので、あるいはそれを18日にやることになるかもしれません。
後新たなカバーとか。

ぼちぼち選曲も始めないとね。

今年もよろしくです!

2018/1月18日(木)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】フクナガコウタロウ/大海有輝/矢舟テツロー/榎本高/
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

誕生日ということで拡大版45分のセットです
出演時間は20時55分前後を予定しています


20:46 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.30 Saturday

年末です。

という訳で(どういう訳?)今年もあと一日。
使い古され過ぎた言葉ですが、あっという間の一年でした(また箱根駅伝が始まっちゃいます)。

今年は一人での弾き語りを中心にライヴを重ねてきました。
8月からは吉祥寺GBと鈴ん小屋での交互のマンスリーライヴ。
一月って結構あっという間だなぁ、という感じでした。

でも自分のライヴの形が少しずつ見えてきた気がしています。
反省としては新曲があまり出来なかった事(2曲くらいでしょうか)。
明日は狩野良昭ライヴ@吉祥寺GBですが、元旦からは篭って新曲作りに向かおうと思っています。
1月18日には僕もGBでライヴですからね。

今年一年もこのブログを読んでくれてありがとうございました。
前身にあたる「私的なコラム」から数えれば15年も続けてきたことになります。
何か成果や意味があったのかは分かりませんが、良く続けてきているなぁという実感はあります。

来年も引き続きお付き合いのほどを、宜しくお願い致します。

榎本高

12月31日(日) 吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】マロン/狩野良昭/YU-ho/小池哲仁/リディキュラスラビッシュ
【開場/開演】16:30/17:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

狩野良昭は19:40からの予定です

2018/1月18日(木)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】フクナガコウタロウ/大海有輝/矢舟テツロー/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

誕生日ということで拡大版45分のセットです
出演時間は20時55分前後を予定しています


17:09 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.28 Thursday

今年も残すところ数日

先週やっていた冬の剪定。
切った枝を指定された形にまとめておくと、ゴミの収集で持っていってくれます。
今日は年内最後の収集の日。
近くの公園の隅の収集場所にもって行きました。


これでやっと終わったなぁ、という感じです。
これから椿が咲き始め、年が明ければ梅が咲き花海棠へ続きそのあとはツツジになります。

早咲きの椿が一輪。「良く出来ました!」って感じです。
直ぐに野草が伸びてくる季節になり、今年は野菜はなにを育てようかという時期になるわけです。
そういう意味では終わりは無いんですね。こういう作業には。
営々と続いてく中で、時折何かが微笑みかけてくれるのですね。

また英語の歌の練習をしています。
これは歌のスキルアップであると同時に、リズムのトレーニングでもあります。
ベーシストとしてリズムの事を考えない日は無いと言えます。
その答えを探す方法は英語の歌を練習することではないかと最近強く思っています。
自分がやりたいと思っている音楽のスタイルは英語のリズムを元にして出来ているものなのです。
自分の曲を英語で書く気はありませんが(出来ません)、和風パスタを極めるためにはイタリアのパスタの研究が不可欠なのと同じなのです。

今日で断酒は50日目。
数度の危機を乗り越えて何とか続いています。
どこまで続けられるのか不安な気持ちの方が強いのですが、クリスマスも乗り越えられたので頑張れるかなぁと思っています。
明日は大晦日の狩野良昭のライヴのリハーサル。

来年は戌年かぁ・・・。日なたは暖かいニャン。

12月31日(日) 吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】マロン/狩野良昭/YU-ho/小池哲仁/リディキュラスラビッシュ
【開場/開演】16:30/17:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

狩野良昭は19:40からの予定です


20:50 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.21 Thursday

冬剪定続いています

昨日は柿と百日紅を、今日は名前の分からない木を2本。


そういえば前回アップした柿の実にやはり鳥が来ていました。

もう一羽が飛んできてちょっとしたケンカ。

これはウグイスでしょうか?

鳥の名前に詳しくないのでご存知の方は書き込みをお願いします。

剪定よりも大変なのが、枝や葉を細かくしてゴミとして出せるように袋に詰める作業。
今日切ったゴムの木に似た感じの木。

こうなります。

剪定の時間が3なら、ばらしている時間は7くらいの感じです。
なので業者さんはそんな事はせずに、軽トラの荷台を板で囲んでそこに切った枝や葉を積んでいきます。
そして直接剪定枝処理センターとかに持ち込みます。
なので「枝処理費用」って別枠だったりします。
一般の人も持ち込めますので、そうすれば今日までの4日間の作業も1日で終わっているでしょう。
そんなに費用も高くはないんですが、何でしそうしないんでしょうね?
まぁ時間かければ自分で出来る事はお金を使わずにやってみようって事なんですけどね。疲れました(笑)。
後、半分くらいは腐葉土とかチップにして庭に撒こうかなと思っているのもあります。
庭で出た枯葉をまた庭の木の栄養として戻す、循環っていうんでしょうか何かロマンを感じるんですよね。
でも疲れます(笑)。
明日で終わらすつもりだったのですが終わらないかなぁ・・・。

 


21:55 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.19 Tuesday

冬剪定始まる

前回書いた大きな雑事の一つ、作業場の庭の冬の剪定。
今年はカイヅカイブキ(貝塚伊吹)から。

お隣さんとのフェンスの際に植えられている12本のカイヅカイブキ。
剪定をしなくても常緑樹で成長のスピードもあまり早くないので、常に後回しになってしまう木です。
フェンスに上って慎重にやらないと、お隣さんの敷地に刈った枝がどんどん落ちてしまうのも面倒です。
と言ってあまりやらないでいると、やはり大きくなってしまいます。
今回数本はかなり強めの剪定をしました。
ボチボチ庭の木を小さくする方向にしていかないと、作業がきつくなってしまうからです。
以前剪定枝処理センターの人に、
「自分の背の高さより高い樹は業者さんに任せた方が良いですよ」
と忠告されました。
庭仕事での梯子や脚立からの転落事故はかなり多いそうです。
特に高齢になればより危険というわけです。
なのでこのカイヅカイブキも何年かかけて背の高さくらいにしたいのです。

ただカイヅカイブキは、ちょいと気難しい樹らしいので強い剪定をすると枯れてしまうこともあるようです。
なので試しに数本にとどめ、後は枝を払う程度にしました。
昨日剪定とある程度袋詰め、今日は大きな枝の解体と二日がかりになりました。

昨日の3袋。昨日枝葉を詰めた袋にはびっしり水滴がついています。
物凄い保水能力があるのですね。なので葉が重いのです。

今日は大きな枝の葉を落として、ごみとして出せるようにしていきます。

こんな具合です。

作戦を変えてなるべく細かく落として袋に入れずに暫く天日に晒しておくことにしました。
乾かしてから袋に入れる方が楽そうです。

このブルーシートに山盛りプラス先ほどの3袋ですから相当な量です。
今日は解体で終了。前出の剪定枝処理センターに持っていけば30分で済むんですけどね。
ただ料金が重さ単位なんでね。このカイヅカイブキの場合結構な額になりそうなんで止めました。
今週は雑事を徹底的にと決めてますし。

後は庭のスナップを。もう梅の小さなつぼみが出始めました。

これは山茶花でしょうね。

渋柿ですが熟してくるとちゃんと鳥が食べていきます。

落葉の後は庭のカラーのバリエーションが減っていきます。

 


22:03 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.16 Saturday

紅葉エンディング間近

暫くぶりに自転車。
港北の公園を結ぶ緑道を一巡り。


暫く来ていないうちにこんなものが。

以前は無かったことを思えば、危険な事が多々起こったのだろうなと思います。
自転車乗りが自ら自分の首を絞めているとも言えます。

自分としては本当に低速で(人が歩くのとほぼ同じくらい)走り、高齢者がいれば止まって譲りますし充分周りに注意しているので良いのではないかと思っていました。

でも今日は中年の女性から注意されました。
「自転車はダメですよ!」
アタマにきたのでシカとしました。良くないですねぇ。
でも散歩している人の間をすり抜けて走る馬鹿と一緒にされたと思うと情けない気分です。
馬鹿とひとまとめにされて排除されるというのはこういう気分なんですね。

でもルールはルールという事ですから、恐らくもう行かないでしょうね。残念ですが。
小規模な「分断」っていう感じですよね。

ところで思うところあり断酒を続けています。昨日までで36日になりました。
直ぐに挫折するだろうと思っていたので、あまり公表しませんでしたが一月は越えました。
恐らく20歳前後から呑むようになって、これほど続けて飲まないのは初めてではないかと思います。

何故かって?
それは続いてたらまたの機会に。

1月のGB拡大版で45分のセットになりました。是非とも!

2018/1月18日(木)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】大海有輝/矢舟テツロー/榎本高/他
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink/大学生・専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink


17:21 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.13 Wednesday

悠久への誘い

真冬のような寒さが続いている中で紅葉はエンディング間近になってきました。

遠くに見える富士山は白く輝いています。

先日の「狩野良昭&榎本高年末限定ユニット」の映像を見ました。
自分のライヴの映像を見るのは苦行のようなものでありまして、果てしなく憂鬱な気持ちになることが多いのですが今回は結構楽しく見れました。
一人でやっている時に比べてリラックスしているような感じでした。逆に言えば一人でやってきたからこそなのかもしれませんが。
そのイメージを持ったまま来年の1月18日にライヴに向かえればと思っています。

そんな毎日の中で家の洗面所の下で漏水が起きたり、作業場の洗濯機が壊れたりと色々なことが起きています。
作業場の庭の木の冬剪定もまだ手をつけていませんし、作業場の天井の石膏ボードも修理しなければいけません。
所謂「生活上の雑事」ってやつですね。
面倒でウンザリしてしまうのですが、丁寧にゆっくりと時間をかけてやれば、案外楽しくもあり出来映えも良く逆に気持ちがスッキリします。掃除とかもそうですよね(そうでない人も多々いますが)。

何故面倒でウンザリするかと言えば「とにかく手早く片付けなければ」と思うからです。あまり生産性はないですからね(笑)。
本当は「雑事」って大事なんですよね。でも雑事に時間をかけるのはどっか無駄だという気持ちがあるのかもしれません。

人間の概念の中の「時間」というのは時には罪作りだと思います。
合理的に効率を良くする為には便利なものなのですが、その箍を外してみるのも大事なことかもしれません。
村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」の中で主人公の叔父が、
「人は少しでも先に行こうとするが、自分は人が無駄だと思う事にたっぷり時間をかけてきた。その結果大した成功ではないかもしれないが失敗は一回もしなかった」
というようなことを言いますが、雑事もそういったものかもしれないなぁと思いました。

明日プラネタリウムライヴ。
来週は雑事に時間をかけようと思っています。

<プラネタリウム・ワンマンライヴ 2017 Winter>

12月14日(木)  曙橋バックインタウン
http://backintown.jp/index.php?z=101011
【出演】佐藤史朗(acco)、榎本高(b)、田中徹(d)、円山天使(g)、岸倫仔(vln)
【開場/開演】18:00/19:30
【Ticket】¥3,000(+1drink &1food)


21:27 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.11.23 Thursday

雨降って秋深まる

冷たい雨が降っていた午前中から天気はみるみる快復して、雨後の透き通るような青空が広がってきました。
寒さのあまりに午前中は椅子の上で身を寄せ合っていた猫たちも、それぞれの好みに合った陽だまりを探して散っていきました。

今日は「勤労感謝の日」。
多くの祭日が「ハッピーマンデイ」とやらに変わってしまった中で、理由は分かりませんがこの祭日がキチンと11月23日を死守しているのはとても嬉しいことです。
と言うのも、この11月23日というのは高校時代に付き合っていた女の子の誕生日だからです。
「へー勤労感謝の日生まれなんだぁ」
なんて事をきっと言ったのでしょうね。
彼女の誕生日と勤労感謝の日はセットで想い出になってるわけです。
「成人の日」や「体育の日」生まれの彼女がいた人はきっと淋しい思いをしているだろうなぁと思います。
そうでもないかぁ(笑)。

付き合っていたとは言ったものの、そんなに長い時間ではありませんでした。
何となく始まり何となく終わっていったという感じです。
何故だか冬の小田原に行ったのを憶えています。
小田原城とその公園にある小さな動物園を見たあと海岸を散歩しました。
冬の海岸はとても寒くて、自分の気持ちとしてはGino Vannelliの「Broher to brother」が聴こえてくるイメージだったのですが、彼女は不満だったかもしれません。

卒業した後も時々は会ったりしていましたが、比較的彼女は早く結婚しました。
20年以上前に大規模な学年会があった時に、ちょっとだけ話をしました。
子供も結構大きくなってみたいな話をした記憶があるので、あるいはもうグランドマザーかもしれません。

雨後の澄んだ空を眺めていたら、会って「あの時海岸では不機嫌だったの?」って尋ねてみたくなりました。
秋が深まってきたってことですね。彼女の誕生日のエピソードは以前も書いてましたね。こちらです。

 


19:09 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.11.15 Wednesday

一体どうなってしまうのやら・・・

またも相撲界で起きた暴力問題。
相変わらずの協会の良く分からない対応。隠そうとしてたんでしょうね、きっと。
暴力は大嫌いですし、ビール瓶で殴ったとしたら言語道断。傷害罪の範疇かもしれません。
ただ出てきていない色々な経緯もありそうな気がします。
お酒が入っていたとしても、ビール瓶で殴りたくなるなんて普通の気持ちじゃないですから。
だとしても暴力が許されるわけではありません。
まして横綱。
例え相手がどんなに生意気で礼儀を知らない奴だったとしても、穏やかにかつ厳しく諭さなければならないのでしょうね。

それが「品格」という事なのでしょうね。
「品格」=その人物から感じられる品のよさ。品位。
「品」=人や物にそなわっていて、外部にあらわれてく好ましい感じ。
(いづれもモバイル国語辞典より)

品格があるものって、自分を含め今の世の中どれほどあるんだろう?って思ってしまうこと多々です。
誇大広告のチラシの裏面に、契約上の制約がホントに小さい字で山ほど書かれているような事が普通になっているような時代です。
だからこそ品格を求めるんでしょうね。力士やスポーツ選手とかに。
ちょっと虫の良い話にも思えます。
マスコミが品格という言葉を連呼する際には、必ずウンザリした気持ちになります。

一方、党の代表を投げ出してしまった小池さんの「品格」は論じられるのでしょうか?
小池さんがリーダーシップを取る政党だから、という気持ちで投票した人も多かったと思います。
品格が無いと言ったら怒られるのなら、「節操」が無いとは言いたいものです。
「本当はアンタ安倍さんのサポーターだったんじゃないの?」って勘ぐりたくなるくらいです。

「節操」=自分の信念・主義・主張をかたく守って変えないこと。みさお(モバイル国語辞典より)

小池魔術によって野党が弱体化したことで安倍さんの鼻息は荒くなる一方。
「戦略的な」とか「最大限の圧力」とか、戦う事が大好きって感じの言葉がガンガン出てきます。
個人的な気持ちですが、これこそ「品格」に欠ける言葉使いに感じます。
聞いていてとても疲れますし、これまたウンザリです。

だからと言って、安倍さんに品格が無いとは言いません。絶対に言いません。
全て個人の思う「感じ」の話であって、絶対値があるわけではないのですから。
司馬遼太郎の作品の中に、
「正義というのは人類が作り出した最大の虚構かもしれない」
というような事が書かれていたのを思い出します。
「正義」という言葉の下に、多くの戦争が引き起こされてきた事を考えれば、「品格」なんて言葉も同じような危うさを持っている言葉のように思えます。


22:07 | 日記 | comments(2) | - | - | - |

▲top