私的なブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.10.12 Thursday

期待を込めて「喝!」

偶然チケットが手に入ったので一昨日サッカーの日本代表戦を見てきました。
相手はランキングでは下位のハイチ代表。
来年のW杯への出場を先日決めた後なので、招待チケットも余っていたようです。そして先発も若手を主体としたメンバー。
それでもゲームが始まって直ぐに日本が得点。楽勝ムードかなぁと思いましたが、何と後半のロスタイムに入った時点で3-2でハイチがリード。
途中から出てきた香川が決めて、何とかドローに持ち込みました。


3失点はまずいよなぁ、とは思いますが、キーパーを含むディフェンス陣は代表経験の少ない選手。
センターバックやキーパーはゲーム中に交代する事が基本的にないので、レギュラーと控えの経験の差が開きやすいポジションです。
ただ来年のW杯に向けては経験を積ませる絶好のチャンスという事だったのでしょう。
ミドルで決められた3点目以外は、やはり最終ラインの甘さが出てしまったように見えました。
それと裏に出されるパスに対してオフサイドが殆ど取れなかったのも、そこが原因だったように思えます。
でも試合経験を重ねる事でしか身につかないものが沢山あるわけですから、「期待を込めて喝」なのではないかと思います。

後注目していたのは、リーガで活躍する乾貴士。先発出場でした。
やはり今までの日本選手とは少し違うように見えました。
自分で局面を変えようという姿勢がとても強くて、やや安全策になりやすい日本のサッカーの良いスパイスになっているように見えました。

次回のW杯はロシアですね。欧州ではフランスやポルトガルが予選1位で通過。南米ではアルゼンチンがギリギリで予選突破。

さて日本、今回はグループリーグ突破なるでしょうか?
予選リーグの抽選は12月1日ですね。


07:43 | SPORT | comments(0) | - | - | - |
2017.10.09 Monday

榎本高@池袋鈴ん小屋

無事終了しました。

日曜、そして連休の中日にも関わらず足を運んでくれた皆様方ありがとうございました。
そして、行こうとは思っていたけど都合のつかなかった皆様もありがとうございました!次回は是非とも。
ではセットリストを。

  1. Drifftin`Bluse
  2. 秋の憂鬱
  3. 夕暮れ
  4. 再会
  5. 天秤
  6. 僕のライフ
  7. 11月13日に思ったこと

 

中々セットが決まらず、昨日鈴ん小屋での会場リハーサルの前にスタジオに入って決めました。
そんな時にふと映画「めぐりあう時間」が浮かんで、M3〜M6をつなげてやってみようと思いました。
「君と僕」というのは歌詞の中でかなり登場確立の高い状況ですしその多くが「男と女」です。
曲によって微妙に違うその「男と女物語」をつなげてやったら、またそこから新しいストーリーが生まれるかもって思った訳です。
どうだったんでしょう?(笑)

昨日は共演アーティストがすべて女性。しかも皆さん美人。
願ってもない状況でしたが、いざ実現するとやや怖気づいてしまいました(笑)。
「口ほどにもない奴」という曲でも書こうかなぁと思ってしまいました。
次のライヴは11月1日(水)吉祥寺GB。結構すぐ来ますね。そして鈴ん小屋さんの次のライヴは12月7日(木)に決まりました。

その前にサポートライヴ。しかも吉祥寺掛け持ち編です。

10月23日(月) 吉祥寺シルバーエレファント《Art Rock Summit》
 
http://www.silver-elephant.com
【出演】プラネタリウム<佐藤史朗(acco)、榎本高(b)>/ TELESCOPE ROAD (from France)/ SHEEP
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売 3,000円+1drink 当日 3,500円+1drink
プラネタリウムはトップの出演で19:00〜19:50の予定です

10月23日(月) 吉祥寺 GB [SOUL SONGS]
http://info85594.wix.com/rjgb
【出演】HROMIi / 狩野良昭 / 他
【開場/開演】18:30 /19:00
【Ticket】¥2,800 + (1ドリンク)


2017.10.07 Saturday

明日ライヴです。

一人でやる弾き語りライヴ。

面白くなってきてます、とか言いながらも不安も一杯。色々自由に出来るけど、失敗したら誰も助けてくれない。でも上手くいくと「全部自分でやってまーす」という栄誉一人占めが出来ます。天国と地獄は背中合わせ。さてどうなることか?

連休中日ではありますが、是非とも池袋鈴ん小屋へお運びください。スリル味わえますよ(笑)。

10月8日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】榎本高/麻依美 /Infnite Light//宙美
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

榎本高の出演は1番目19:00の予定です


18:58 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.10.04 Wednesday

追悼Tom Petty

突然の訃報に驚いています。
熱烈なファンというわけではありませんが、今聴いている「Let Me Up (I've Had Enough)」や「Into the Great Wide Open」は愛聴盤でした。
おそらく最初の出会いはボブ・ディランやウィリー・ネルソンの呼びかけで開催された85年の「Firm Aid」をテレビで見た時だったように記憶しています。
そこでTom Petty & the Heartbreakersの初期のヒット曲「逃亡者」を聴いてカッコ良いなと思ったのです。デイヴ・グロールが製作した「Sound City」の中にその「逃亡者」の録音風景が出てきますが、何とOKテイクに至るまで150回も演奏したらしいですね。
それはともかくとして、その「Firm Aid」ではその後にボブ・ディランのバックをTom Petty & the Heartbreakersがつとめるというスペシャルなもので、それがまたまたカッコ良かったわけです。
個人的感想としてはディランのバックの中でも一番良かったように思えています(勿論、ザ・バンドもローリング・サンダー・レビューも凄く好きですが)。
そして何と!そのセットでの来日が86年に実現したのです!武道館の2階でしたが、ホント見ておいて良かった!
Tom Petty & the Heartbreakersが日本に来たのはあれが最後になってしまいましたからね。

66歳での死はやはり早過ぎる気がします。先日亡くなったスティリー・ダンのウォルター・ベッカーも67歳。
やはりそこいら辺の年齢って何かの境目なのかもしれません。
そこを超えちゃうと結構長生きしますよね、ミック・ジャガーやクラプトンなどなど。

前記した「Sound City」の中で彼はこんなことを語っています。
「音楽は必ずしも完璧である必要はない。人と人のつながりから生まれるものだ。つまり音楽は心で奏でるものなんだ。心がないといけない。」
この言葉に励まされ、そして戒められることが多々あります。
天国でジョージ・ハリソンやロイ・オービソンとまたバンドやって下さい。

素晴らしい音楽をありがとうございました。


21:49 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.10.02 Monday

桐ヶ谷仁@江ノ島虎丸座

無事終了しました。ご来場の皆様ありがとうございました。
楽しいライヴでしたね。
よいしょする訳ではないのですが、仁さんのお客さんはとても温かい雰囲気でその後押しが大きかったように感じてます。
勿論、その雰囲気も仁さんの自然体が生み出しているものなのだとも思います。
個人的には8月に仙川でのライヴがあった事や、虎丸座も去年に続いて2回目なので曲に集中できたように思えてます。
あとドラムが付き合いの長い田中徹だったことも大きかったです。
素晴らしい演奏だったメンバーとゲストボーカルのyoshieちゃんにもサンキューですね。
今回のライヴとリハーサルの中で仁さんと話していて、よりライヴが楽しくなってきているような言葉を多く聞きました。
なので以外と早いタイミングでライヴがあるかもしれませんね。
また是非ご一緒したいと思っています。
さて自分のライヴが迫ってきました。

10月8日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】榎本高/麻依美 /Infnite Light//宙美
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

榎本高の出演は1番目19:00の予定です


22:25 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.09.30 Saturday

明日は江の島で

桐ヶ谷仁さんの江の島虎丸座でのライヴ明日になりました。
去年に続いて2回目の参加です。
そして今回のドラムはお馴染みの田中徹師匠です。
またまたAORのリアルタイム経験者の参加となり、サウンドはますます良い感じになってきています。

明日は天気も良さそうです。
しらす丼を食べて(10月は漁獲量の多いシーズンだそうです)ライヴというコース如何ですか?

桐ヶ谷仁 SUNSET LIVE VoL.5 feat.yoshie

2017.10月1日(日)江の島 虎丸座
http://www.toramaru.net/
【出演】Vo&Gtr:桐ケ谷仁/Drums:田中徹/Bass:榎本高/Gtr:渡辺具義/Key:古垣未来/SAX & Key:寿田道陽/feat.Vocal:yoshie
【開場/開演】16:00/17:00 開演
【Ticket】前売:4,800円、当日:5,300円(軽食付き・ドリンク別
前売り予約は「虎丸座」0466-22-5780
http://www.toramaru.net/


10:01 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.09.25 Monday

鶴見川のジロくん

久しぶりに会ったジロくん(♂3歳)。
丁度移動コースの真ん中あたりです。
人が大好きではしゃいで「遊ぼう!」モードになるのですが、写真撮影の際はちゃんと大人しくお座りしてくれました。
犬の3歳は人だと20代半ばくらい。色んな事を学習してきているのかもしれません。
 


2017.09.20 Wednesday

鶴見川のししまる君

中断していた自転車移動を再開しました。
早速出会ったワンちゃんを。作業場近くのかなり上流で出会ったししまるクン(♂6歳)です。

名前はワイルドですが、とってもフレンドリーな人好き柴チャンです。
犬の6歳は人でいえば40歳くらい。落ち着きが出てくるころですね(中にはおちつかない人もいますが)。
ししまるクンも過剰なはしゃぎはなくとてもジェントルでした。

ただ少しお腹が中年方向に進みつつあるかなぁ・・・・。
涼しくなってきましたので散歩で沢山運動して下さいね。


2017.09.13 Wednesday

近況報告

やっと庭の草刈が一段落しました。

「やらなければ、やらなければ」と思い続けてはいるものの、億劫なので手をつけずにいると凄い勢いで草が伸びていくのを横目で見つつ、果てしなく憂鬱になっていく「緑」恐怖症みたいな感じでしたが何とか終了しました。
まったくもってバカ話なのですが、刈払機のあまりの切れなさに「これは刃というものがないではないか」とやっと気がつき新品(1,000円弱)を購入したところ、あまりの切れ味の良さに卒倒しそうになりました。

なので最初だけだと思いますが使用後はちゃんと研いでいます。同時にちゃんと研がれた刃物の威力も改めて感じました。
刀などを作る作業が神事に近い感じなのも分かるような気がします。

今年は花海棠に沢山の実が成っています。確か花海棠はリンゴか梨の種なのですよね。下の写真は4月ごろに咲く花海棠の花です。

ちょっと摘んで食べてみると、渋〜い味です。果実酒に出来るという話を聞いたこともあるので調べてみたのですが、「出来るけどあまり美味しくはない」というような声が多く断念しました。

秋が深まるともう少し色づくのでしょうね。
昨日までの天気とうって変わって今日は夏が戻ってきたようです。
お察しのように、ここのところの気温変化についていけずやや体調不良です。
猫もちゃんと考えて(尻尾は日陰から出ていますが)日陰に入り体を労わっています。

携帯向け配信サイト「Itadaki」へアップを目指して、アコギでの弾き語り一発録音を続行中です。
何の自慢にもなりませんが、中々良いテイクが録れません。
ただ少なくとも弾き語りライヴに向けての良い練習にはなっているはずだと言い聞かせながら頑張っている毎日です。

10月8日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】榎本高/ Infnite Light/他
【開場/開演】未定/未定
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

詳細は後日アップします。


21:47 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.09.05 Tuesday

榎本高@吉祥寺GB

無事終了しました。平日にも足を運んでくれた皆様ありがとうございました。
行こうとは思っていたけど都合のつかなかった皆様もありがとうございました。次回は是非!
ではセットリスト。

1.再会
2.秋の憂鬱
3.Mobile
4.天秤
5.僕のライフ
6.11月13日に思ったこと

落語業界の言葉に「高座百篇」という言葉があります。
噺を憶えるためには人前で回数をやらなければ、本当には体に入りませんよという意味です。
昨夜のライヴはそのことを実感、というより痛感しました。
1、2曲目はまだ歌った回数がそれ程多くない曲です。特に「秋の憂鬱」は昨年一回だけ歌っただけの曲です。
勿論今回のライヴに向けて練習で歌い込んでは来たのですが、3曲目の「Mobile」を歌い始めた時の安堵感はとても大きいものでした。
アコギの鳴り方も変わってしまうように感じました。やはり慣れていない曲はどこかで力が入っているのでしょう。

道険しですが、とても収穫のあるライヴでした。

昨夜は出演アーティストのジャンルが多岐に渡っていて、それはそれで楽しめました。
それぞれ自分たちらしさを出そうと懸命に頑張っているんだろうと思いました。
そういうのって励みになりますよね。

次回の自分のライヴは10月8日(日)池袋鈴ん小屋です。そして11月1日(水)は再び吉祥寺GB決まりました。お楽しみに!

 


▲top