私的なブログ

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.04.27 Saturday

平成最後のGW

平成も終わりなんですね。

31年と4か月かぁ・・・あっという間でしたね。
元号が変わる実感なんてあんまりないと思いつつも、何か振り返ってしまうのもやはり気になっている証拠かも。

3月から4月上旬は結構濃い時間が続いたので、ここ暫くはボンヤリし続けています。
イカンイカンと思いながらも、どうせ時期が来たらスイッチが入るだろうとタカをくくっています(入らないかもしれない)。
そんな中でメンドーだから今年も止めようかと思っていた野菜作りを何とか始められました。
これが上手く育ってくれると楽しい気分にもなっていくのではとささやかな願いです。

今年は土作りから始めました。こういう事をやるから面倒になったりすのですが・・・。

マルチと呼ばれる黒いビニールシートもひいてみました。こういう事をやるから面倒になったりすのですが・・・。

バジルとパセリは朝のサラダに入れるととても美味なので。

食べられませんが紫蘭も美しいです。

今年はツツジも結構良い感じです。

 


18:56 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.04.19 Friday

白浜久プロジェクト2019始動

前々からどっかでキチンと書こうと思っていた白浜久プロジェクト。
結局書く前に昨日初リハーサル。
とは言っても録音作業は既にかなり前から始まってはいましたが。
このプロジェクトに声をかけてもらったのは去年の11月くらいだったか。
一番興味を持ったのは白浜さんと小山卓治さんが一緒にやる事。
自分としてはそれぞれにお付き合いのあったお二人が、こういうプロジェクトを組んでやる場所に声をかけてもらえたのはとても嬉しい事です。
そして初顔合わせの「Day Sweet」の多田暁さんと扇田裕太郎君。
昨年暮れの初顔合わせの席でもらった「Day Sweet」のアルバム。
とても好きな感じだったので、その中から「雨は涙」を1月のアルティカ7のライヴで早速歌わせてもらいました。
ちなみに多田さんとは同学年。
そして旧知の西川君を加えた6人編成。
全員集まっての初音出し。
うーん大変そう(笑)。この「大変」は痛いんだけど気持ちよい「痛気持ちよーい」と同義語だと思ってください。

白浜久プロジェクト2019 ~ 日々是響音元年 東京編

2019年5月17日 ShowBoat(金)
http://www.showboat1993.com/
【出演】白浜久/小山卓治/扇田裕太郎/榎本高/西川貴博/多田暁
【開場/開演】 開場 18:30 / 開演 19:00
【Ticket】前売・当日共¥5,000(税込・別途ドリンク代¥600)

★前売チケットをご予約、ご購入のお客様には特典CDをプレゼント

詳細は白浜久オフィシャルSite

http://pandars.net/news.html


20:36 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2019.04.14 Sunday

この10日間

4月5日、小池啓仁君とのオールアコギのアルティカ7のライヴが終わってからの顛末。
翌6日は7日が投票日の統一地方選挙の期日前投票を済ませた後、作業場で8日のGB、今度はエレキでの弾き語りに向けての準備に追われていました。
やはり違う事をやってみたいという良く言えばチャレンジ精神とサービス精神、悪く言えば飽きっぽい性格なのか。
ただ今の自分の心境としては「チャレンジすればそれは必ず力になっていく」という事に尽きます。

翌7日は吉祥寺GBの「JOJI-ROCK U22 GRAND PRIX 2019年春大会〜決勝〜」の審査員を務めるため何と朝7:30に吉祥寺へ。
期日前投票をしたのはこういう訳だったのです。


何と43組のバンドを見るという大役と言うべきか何と言うべきか。
日ごろお世話になっているGBさんに借りを返すつもりでという気持ちもありましたが、ちょっと若者の音楽の放射を浴びてみたいという気持ちもありました。
結果恐ろしいカルチャーショックを受けました。

殆どが高校生。中には中学生そして小学生まで。
これが上手い。テクニック的には。
チューニングが合ってないバンドなんて一つもありませんでした。
そして皆さん良い楽器を持っていることったら。
色々探っていくと殆どのバンドが学校の「軽音」というところで活動しているバンドとの事。
学校公認なんですね。今は。と言うより学校活動の一環。その証拠に中には顧問の先生も一緒に来ていたり。
かなり「ウーム」と唸ってしまいました。
そして女の子が多いという事の驚き。自分が高校生の時にエレキ弾いている女の子なんていませんでした。
時々ピアノやってたって事でキーボード弾いてる子がいたりするくらい。
そして女の子の方が更に上手い。男の演奏は雑。
まぁ、分かるような気はしますが。

で難癖をつけるわけですが、全体的に「こじんまりしている」「何かみんな似ている」という印象。
何か強烈なインパクトを持って枠から飛び出しているようなバンドはありませんでしたね。
やはりそういう片鱗を持っているバンドがあったとしても、予選の中で淘汰されてしまうようです。
確かに「強烈なインパクトとテクニカル」両方持っていたら、もうアマチュアの域ではないかもしれませんからね。
どっちか一つという事になれば、やはりテクニカルが勝ち上がってきてしまうのでしょうね。
なので本当に審査は難しかったです。どのバンドも殆ど差がありませんでした。
僕の中では10点満点の審査方法で総てのバンドが5点〜7.5点の間に集中していました。
総て終えてGBを出たのは21時半を過ぎていました。

そして翌8日またもや吉祥寺GBへ。
やっぱり余熱が続いているような状態でした。疲れている筈なのに疲れを感じない躁状態。若者のエネルギーが伝播してしまったんでしょうね。
何かそういう状態って楽しいというか懐かしいというか。かつては年中そんな感じだったんでしょうね。
エレキ弾き語りの選択は良かったように思えています。
相変わらず本番というのは色々な事が起こるなぁというのも一緒でした。
でもApple Jamやミアちゃん、矢舟テツロー君という顔見知り多くそれぞれ違うタイプで楽しいライヴでした。

そして終演後中央高速を爆走して安曇野へ。春の山荘点検と庭作業。
ところが翌9日朝起きてみると、庭の景色は冬の剪定を終わらしたままの状態。ある程度新芽とか出ていれば剪定もやれるのですが、何もやる事がありません。
気が緩んだのかドドッと疲れが出てきて、しかも腰痛まで出てきてしまいました。
前日、GBで藤崎さんと「明日あたりにドカーンと疲れが出て倒れるかも」っていったのが本当に。
しかも翌10日はいきなりの積雪。腰痛もピーク。


結局その翌日を含めて三日間温泉に通いっぱなし。すみません世の中の皆様。
そして12日帰路に。平日の空いている高速をゆっくりと。
しかも甲府の降りて桃の里の温泉にまた立ち寄り。申し訳ない世の中の皆様。

そして昨日13日は下北沢にて福島邦子さんのライヴへ。
本当に久し振りに歌声を聴きました。歌声を通じて時間が戻っていくような錯覚に陥りました。
心に染みるライヴでした。
初めて会って仕事をご一緒させて頂いてから随分と時間が経ちました。
でもつい昨日のことのように思えました。
ピアノで参加していた竹田元氏とも再会。やはり見に来ていた狩野ちゃんと竹田さんドラムのグリコと私で随分バックやってましたよねぇ、なんて昔話に花が咲きました。
邦子さん現在はアメリカのシアトルに住んでいて、里帰りライヴという形でライヴを東京でやっていたそうですが一応今回がピリオドとの事。
「いやぁ、またやりましょうよ」
って言って会場を後にしました。腰痛も気にならないって感じでした。

って訳で結構ドタバタした10日間。春ですね。色々な事が起こります。


20:24 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.04.06 Saturday

Twin live Vol.5@アルティカ7

無事終了しました。

黄砂飛び散る中足を運んでくれた皆様方ありがとうございました。
また行こうとはおもっていたけど、色々な事情で参加できなかった皆様もありがとうございました。
次回は是非。
ではセットリストを。9〜11は小池啓仁くんとのジョイントです。

1.君がいれば僕は・・・
2.モバイル
3.Love on the weekend
4.枝垂れ梅
5.3月のあの夜
6.Driftin' Blues〜再会
7.いつまでも仲良く
8.心の灯火

9.なごり雪
10.春夏秋冬
11.夢の中へ

12.Worrying You Off My Mind

今回のゲストは先に書いた通り小池啓仁君。

吉祥寺GBで知り合った若手シンガーソングライター。
年齢は下ですけど自分よりキャリアは全然長く凄く刺激になりました。
小池君を見に来ていたファンの人からも、いつもとは違う小池君を見れてとても楽しかったとの嬉しい言葉をもらいました。ギターソロもカッコ良かったですよね。
疲れも吹っ飛びますね。

さて月曜はそのGBでのライヴ。また違う切り口を見せられれば。
そしてその先には白浜プロジェクトのライヴ、そして6/2アルティカ7でのワンマンと続きます。

2019年4月8日(月)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】ミアアシメント/Apple Jam/榎本高/狩野良昭/
【開場/開演】18:30/19:00【Ticket】¥2500+1drink/大学生・専門学生¥1400 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

榎本高は2番目19:40前後の出演予定です!

 

 


2019.04.04 Thursday

明日になりました

お待ちしています!

Twin Live Vol.5小池啓仁&榎本高

2019年4月5日(金)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】小池啓仁/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】2500円+1ドリンク

 


20:48 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.04.02 Tuesday

4月に突入

新元号が発表され世の中は大変な騒ぎなんだろうなぁと想像しながらこの文章を書いています。
長く使っている東芝の掃除機。

購入したのは2004年だからもう15年も経っています。
何年か前に先端の床ブラシの部分が壊れてしまいました。
家電量販店で調べてもらうと、部品はまだあるけれど結構な値段との事。
「安価な掃除機なら買えますね」
でも掃除機の心臓ともいえるモーターも動いているし、それを捨てる気にもなれないので部品を取り寄せてもらいました。
相変わらずモーターも元気。
東芝の家電って凄く優秀なんだと思います。
きっと技術畑では職人気質で良い物を作ろうという人が沢山いたのだと思います。
そういう人たちは今の東芝の状態をどう思っているのでしょうか?

平成は色々なものが物凄いスピードで変化した30年だったように思えます。
「とにかく乗り遅れないように」という脅迫観念にも近いプレッシャーを多くの人や組織が感じていたのではないでしょうか?
東芝の話に戻れば経営に携わっていた人も、会社の事を思えばこそ新しい分野に乗り出していくべきと考えたわけでしょう。
「とにかく乗り遅れないように」。
でも結果的にはそれが大きな負債になってしまったという事です。

東芝だけでなく日本の技術はとても優秀だったのだと思います。
「でもそれをやっているだけでは駄目」
というような時代を迎えつつあるのかと思うと少し憂鬱な気もします。
拡大再生産という理屈は分かるのですが、このスピードは少し異常な気がします。
新しい時代どんな事を目撃していくのでしょうか?

花海棠満開です。植物や自然の物には悠久を感じます。

2019年4月5日(金)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】小池啓仁/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】2500円+1ドリンク


21:48 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.03.26 Tuesday

春の庭作業

前回書いたように若葉というのは美味しいらしい。
なので早目の消毒を。
今日は風も殆どなく散布にはうってつけ。
まずはローインパクトの木酢原液と黒酢原液を混ぜたものを散布してみます。


対象は2本の梅と花海棠。
梅は少し剪定もしつつ散布しました。
カラーリングする前に髪を少し切ってからというのに似ています。
今年は梅の実は成るのでしょうか?


数年前に一度豊作がありましたが、その後は実が大きくならないうちに落ちてしまっています。
今年は偶然の当たり年になるか?どうか?梅酒は作れるのか?

土作りも少々。
時々攪拌して木酢液を薄めたものを散布して発酵を促します。


畑にしていた場所も一回掘り返して、別の場所で土作りをしています。


何年か続けて畑にしていると、やはり土が痛んで痩せてくるようです。
もちろん野菜が養分を吸い上げてしまうのもあるでしょうが、肥料を入れたり薬を撒いたりでやはりダメージがあるのでしょう。
痩せた土で出来る野菜には虫も付きやすいという話を聞いたことがあります。
そうするとまた薬や科学肥料を使って・・・と悪循環になるわけです。
なので今回は試しに土作りから。

花海棠も以前は花が終わり若葉が大きくなると直ぐに赤星病というのにやられてしまいました。
ここ何年か手を入れて気をつけていると、昨年あたりからあまり酷い状態にはならなくなりました。


恐らく木も健康になってきて抵抗力が強くなってきているのではないかと思います。
赤星病の原因になるカイヅカイブキの木が廻りに沢山ある事は変わっていませんから。

何か人間の体の健康などにも共通する分部が多々ある話ですよね。

鳥も見物にきていました(笑)。

2019年4月5日(金)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】小池啓仁/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】2500円+1ドリンク

 


21:02 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.03.21 Thursday

春は嫌い?それとも好き?

風邪、花粉症、アレルギー性喘息、はたまたヨウレン(溶連)菌なのか?それとも全部なのか?
まぁ、ここのところ酷い状態が続いております。
発端は10日前に自転車に乗り始めた事。


寒さも峠を越えたし、なまりになまった体をシャキっとさせなければと自転車復活宣言。
多少尻は痛くなるものの、やはりは体は喜んでいるわいとご満悦だったのですが、3〜4日続けたら耳の奥は痒くなるは喉の奥は痛くなるは、色々な症状がいっぺんに出始めました。
やはり今はもう自分が花粉症である事を認めないといけないようで、精神的にはややうなだれ気味。
そこへ追い討ちを掛けるように喘息の再発。
咳で腹筋が痛くなったのは初めて。
ホント、ライヴと重ならなくて良かったと思っています。
そして今日はまたこの強風。なんか憂鬱かつ総てが億劫。

しかし片方では緑の芽吹きが一段と進んでおります。
私の大好きな「花海棠」も新芽が出てきました。この木は新芽と花芽が同時に出てくるのですね。


2本ある梅は花はほぼ終わりこれか新芽そして若葉の季節ですね。

(これは満開時)
これも実に美しいのですが、気をつけていないと虫さんにムシャムシャとやられてしまいます。
やっぱり若いっていうの虫さんにとっても魅力的なんでしょうね。
そしてヒメオドリコソウやカラスノエンドウも春を告げる花です。


庭が少しずつ色づいてくるのはとても楽しいのですが、花、いや鼻の奥には鼻水が詰まっていて苦しい。
アタマがボーっとしています。

皆さんは春が好き?それとも嫌い?
それとは関係なくライヴまでには復調しないとね。

2019年4月5日(金)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】小池啓仁/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】2500円+1ドリンク

 

 


19:02 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2019.03.20 Wednesday

2019.3.9榎本高@代々木アルティカ7”Full version"

という訳で先日のアルティカ7でのライヴ。

いつものように TKC N君の協力でアップしてもらいました。
中盤抑え気味のアレンジだったせいか、やや緊張モードが強い分アンコールでのHIROMIちゃんとのジョイントははしゃぎまくってますね。
実に分かり易い(笑)。

まぁ、色々あるのがライヴです。
これからもひとつよろしくお願いします。

次回はもうすぐですね。次回はちょっとフォーク色を強くかなぁ。

2019年4月5日(金)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】小池啓仁/榎本高
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】2500円+1ドリンク


2019.03.16 Saturday

3月半ば

作業場を使って1月の終盤から始まった加藤いづみ嬢の歌入れ。昨日終了しました。

たいした場所ではないけれど、スペース的に少し余裕があるのでリラックスして出来たのなら幸いです。
現在自分も歌うようになった立場で、加藤さんの歌入れにこれだけ立ち会えるのはとても勉強になる事でした。
特に終盤、自分の限界を超えていこうとする彼女の執念にはとても刺激を受けました。

そしてプロデューサー&迷エンジニアでもある高橋研氏。
スタジオの外にいても響いてくる
「えっ!どうして!」
という叫び声が聞こえてくるたびに、またPCトラブルが起きたのではないかとハラハラドキドキでした。
幸い大きなトラブルはなく良かったなぁという思いです。
それにしても高橋研氏と加藤いづみ嬢のやりとりの、「ツーと言えばカーと答える」的な感じはもう長いキャリアに培われた素晴らしい関係だと思いました。


季節は移ろい庭の中心ある梅は花が散り始めて、玄関近くにあるしだれ梅が満開になりました。

庭でも茶色一色だったのが緑があちらこちらに見られるようになりました。

あの3月から8年経った事もいつもどこかに引っかかっています。
あの時に何かを自分の中で変えなければと思った事をどれほど実践出来たのだろうか?という問いかけを続ける毎日です。

 


15:07 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

▲top