私的なブログ

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.12.15 Friday

プラネタリウム@曙橋Back in Town

無事終了しました。ありがとうございました。

かなり自分の楽器とキチンと向き合って演奏出来ました。
歌と共に弾くのとは、どっか違うような気がします。本当は一緒なのかもしれませんが。
約束事は守りつつ(やや守れない箇所もありましたが)、その場で起きている事にも瞬時に反応していく、何て言ったら良いのかな・・・・チャレンジみたいな事。
インストものはそういった場所のように思えています。

他のメンバーの演奏も素晴らしかったですね。
もう一度、見に来てくれた皆様とBack in Townのスタッフの皆様にもThanks!ですね。


19:35 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.12.13 Wednesday

悠久への誘い

真冬のような寒さが続いている中で紅葉はエンディング間近になってきました。

遠くに見える富士山は白く輝いています。

先日の「狩野良昭&榎本高年末限定ユニット」の映像を見ました。
自分のライヴの映像を見るのは苦行のようなものでありまして、果てしなく憂鬱な気持ちになることが多いのですが今回は結構楽しく見れました。
一人でやっている時に比べてリラックスしているような感じでした。逆に言えば一人でやってきたからこそなのかもしれませんが。
そのイメージを持ったまま来年の1月18日にライヴに向かえればと思っています。

そんな毎日の中で家の洗面所の下で漏水が起きたり、作業場の洗濯機が壊れたりと色々なことが起きています。
作業場の庭の木の冬剪定もまだ手をつけていませんし、作業場の天井の石膏ボードも修理しなければいけません。
所謂「生活上の雑事」ってやつですね。
面倒でウンザリしてしまうのですが、丁寧にゆっくりと時間をかけてやれば、案外楽しくもあり出来映えも良く逆に気持ちがスッキリします。掃除とかもそうですよね(そうでない人も多々いますが)。

何故面倒でウンザリするかと言えば「とにかく手早く片付けなければ」と思うからです。あまり生産性はないですからね(笑)。
本当は「雑事」って大事なんですよね。でも雑事に時間をかけるのはどっか無駄だという気持ちがあるのかもしれません。

人間の概念の中の「時間」というのは時には罪作りだと思います。
合理的に効率を良くする為には便利なものなのですが、その箍を外してみるのも大事なことかもしれません。
村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」の中で主人公の叔父が、
「人は少しでも先に行こうとするが、自分は人が無駄だと思う事にたっぷり時間をかけてきた。その結果大した成功ではないかもしれないが失敗は一回もしなかった」
というようなことを言いますが、雑事もそういったものかもしれないなぁと思いました。

明日プラネタリウムライヴ。
来週は雑事に時間をかけようと思っています。

<プラネタリウム・ワンマンライヴ 2017 Winter>

12月14日(木)  曙橋バックインタウン
http://backintown.jp/index.php?z=101011
【出演】佐藤史朗(acco)、榎本高(b)、田中徹(d)、円山天使(g)、岸倫仔(vln)
【開場/開演】18:00/19:30
【Ticket】¥3,000(+1drink &1food)


21:27 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.12.08 Friday

狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット@池袋鈴ん小屋

無事終了しました。
師走の忙しい中ご来場の皆様方ありがとうございました。
行こう!とは思っていたけれども都合のつかなかった皆様もありがとうございました。
次回は是非とも!
初めてのジョイントライヴ形式。まずはセットリスト(若者はセトリと言うことを昨日知りました)。


1. 君がいれば僕は・・・ <狩野>
2. 散歩に行こう <榎本>
3. 再会 <榎本>
4. どうにかなるさ <狩野>
5. モバイル <榎本>
6. Sad Song <狩野>
7. Rumbling on my mind <榎本>
8. 僕のライフ <狩野>
9. 心の灯火 <榎本>
10. そうに決まってる <狩野>


昨日は鈴ん小屋へ向かうのに、狩野チャンの処に寄ってピックアップして行きました。
ちょっと時間があったので、35年前に一緒に仕事をしていた時のライヴ映像を見せてもらいました。
長い付き合いになりますが、当時はこんな形でジョイントライヴをするようになるとは思ってもいませんでした。
自分が人前で歌うこと自体が想定の外のまた外でしたからね。

昨夜は一曲もベースを弾かず、楽器はアコギとエレキのみ。あとハープか。
人の歌をギターで伴奏をするというのも初めての経験。
やってみないと分からない事って沢山ある事をまたまた痛感しました。
でもそういう経験が更に自分の音楽的引き出しを豊かにしてくれるのだと思います。

共演の「阿佐ヶ谷カントリークラブ」のフレッシュな演奏も良かったですね。
特にいのうえあいチャンの歌声は素晴らしく、歌が上手いってホントに羨ましい!って「素」の状態になってしまいました。

自分の歌うライヴは昨夜が年内最後。
年明け早々に吉祥寺GBのライヴがあるので「引き続き」感はありますが、やはり今年一年ありがとうございました!ですよね。
遅々としたスピードですが前進はしてるように思えています。
少し停滞している新曲作りも頑張らないといけませんね。

おっと年末の締めのようになりましが、来週はインストユニット「プラネタリウム」のライヴ。
気持ちをそちらに切り替えなければ。兎に角複雑で難しいんだぁ。これまた引き出しのの開拓!
宜しければ是非!

<プラネタリウム・ワンマンライヴ 2017 Winter>

12月14日(木)  曙橋バックインタウン
http://backintown.jp/index.php?z=101011
【出演】佐藤史朗(acco)、榎本高(b)、田中徹(d)、円山天使(g)、岸倫仔(vln)
【開場/開演】18:00/19:30
【Ticket】¥3,000(+1drink &1food)


2017.12.06 Wednesday

いよいよ明日

「狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット 」いよいよ明日です。

本日もリハーサルでめでたくメニューも決まりました。
狩野良昭曰く、
「これは中々よいメニューだ」
とのことであります。

ただ、その後に、
「ちゃんと出来れば」
という言葉も付け加えていましたが。

仰る通りでございます。
年末限定というタイトル通り、普段にはないスペシャル感が多々あります。
ひとつ忘年会気分で。
お待ちしております。

12月7日(木) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】ユサケンジ /いのうえあい/ 狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット
【開場/開演】19:00/19:30
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

年末だけのスペシャルユニットです。出演時間は3番目で20:50前後の予定です。


20:25 | MUSIC | comments(2) | - | - | - |
2017.12.02 Saturday

狩野良昭@吉祥寺GB

無事終了しました。
師走に突入した初日、ご来場の皆様ありがとうございました。

昨日の空き時間の話題の中心はスマホ。
スマホ推進派の西嶋光男は利便性を熱く語り、懐疑派の榎本高はそれに対し終始不愉快そうな態度をとり続けるという構図でした。
懐疑派とは言え、最近はLINEやツィッターが主流でメールというものが連絡用アイテムとしては役に立たなくなってきているんですよねぇ、というGB藤崎店長の一言は「反モバイル!」というイデオロギーもグラリという感じでしたが・・・。

ライヴはですねぇ、「ねこカフェ」も相変わらず元気そうでしたし、並木瑠璃チャンやみねこ美根チャンの初々しさにも圧倒されつつ、狩野良昭はやはり我が道を進んでいました。

さて明日からは12月7日の鈴ん小屋での「狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット」のリハーサルです。
まずは選曲からですね。

12月7日(木) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】ユサケンジ /いのうえあい/ 狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット
【開場/開演】19:00/19:30
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

年末だけのスペシャルユニットです。1時間強のメニューで出演時間は3番目20:50前後の予定です。


11:51 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.11.23 Thursday

雨降って秋深まる

冷たい雨が降っていた午前中から天気はみるみる快復して、雨後の透き通るような青空が広がってきました。
寒さのあまりに午前中は椅子の上で身を寄せ合っていた猫たちも、それぞれの好みに合った陽だまりを探して散っていきました。

今日は「勤労感謝の日」。
多くの祭日が「ハッピーマンデイ」とやらに変わってしまった中で、理由は分かりませんがこの祭日がキチンと11月23日を死守しているのはとても嬉しいことです。
と言うのも、この11月23日というのは高校時代に付き合っていた女の子の誕生日だからです。
「へー勤労感謝の日生まれなんだぁ」
なんて事をきっと言ったのでしょうね。
彼女の誕生日と勤労感謝の日はセットで想い出になってるわけです。
「成人の日」や「体育の日」生まれの彼女がいた人はきっと淋しい思いをしているだろうなぁと思います。
そうでもないかぁ(笑)。

付き合っていたとは言ったものの、そんなに長い時間ではありませんでした。
何となく始まり何となく終わっていったという感じです。
何故だか冬の小田原に行ったのを憶えています。
小田原城とその公園にある小さな動物園を見たあと海岸を散歩しました。
冬の海岸はとても寒くて、自分の気持ちとしてはGino Vannelliの「Broher to brother」が聴こえてくるイメージだったのですが、彼女は不満だったかもしれません。

卒業した後も時々は会ったりしていましたが、比較的彼女は早く結婚しました。
20年以上前に大規模な学年会があった時に、ちょっとだけ話をしました。
子供も結構大きくなってみたいな話をした記憶があるので、あるいはもうグランドマザーかもしれません。

雨後の澄んだ空を眺めていたら、会って「あの時海岸では不機嫌だったの?」って尋ねてみたくなりました。
秋が深まってきたってことですね。彼女の誕生日のエピソードは以前も書いてましたね。こちらです。

 


19:09 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.11.15 Wednesday

一体どうなってしまうのやら・・・

またも相撲界で起きた暴力問題。
相変わらずの協会の良く分からない対応。隠そうとしてたんでしょうね、きっと。
暴力は大嫌いですし、ビール瓶で殴ったとしたら言語道断。傷害罪の範疇かもしれません。
ただ出てきていない色々な経緯もありそうな気がします。
お酒が入っていたとしても、ビール瓶で殴りたくなるなんて普通の気持ちじゃないですから。
だとしても暴力が許されるわけではありません。
まして横綱。
例え相手がどんなに生意気で礼儀を知らない奴だったとしても、穏やかにかつ厳しく諭さなければならないのでしょうね。

それが「品格」という事なのでしょうね。
「品格」=その人物から感じられる品のよさ。品位。
「品」=人や物にそなわっていて、外部にあらわれてく好ましい感じ。
(いづれもモバイル国語辞典より)

品格があるものって、自分を含め今の世の中どれほどあるんだろう?って思ってしまうこと多々です。
誇大広告のチラシの裏面に、契約上の制約がホントに小さい字で山ほど書かれているような事が普通になっているような時代です。
だからこそ品格を求めるんでしょうね。力士やスポーツ選手とかに。
ちょっと虫の良い話にも思えます。
マスコミが品格という言葉を連呼する際には、必ずウンザリした気持ちになります。

一方、党の代表を投げ出してしまった小池さんの「品格」は論じられるのでしょうか?
小池さんがリーダーシップを取る政党だから、という気持ちで投票した人も多かったと思います。
品格が無いと言ったら怒られるのなら、「節操」が無いとは言いたいものです。
「本当はアンタ安倍さんのサポーターだったんじゃないの?」って勘ぐりたくなるくらいです。

「節操」=自分の信念・主義・主張をかたく守って変えないこと。みさお(モバイル国語辞典より)

小池魔術によって野党が弱体化したことで安倍さんの鼻息は荒くなる一方。
「戦略的な」とか「最大限の圧力」とか、戦う事が大好きって感じの言葉がガンガン出てきます。
個人的な気持ちですが、これこそ「品格」に欠ける言葉使いに感じます。
聞いていてとても疲れますし、これまたウンザリです。

だからと言って、安倍さんに品格が無いとは言いません。絶対に言いません。
全て個人の思う「感じ」の話であって、絶対値があるわけではないのですから。
司馬遼太郎の作品の中に、
「正義というのは人類が作り出した最大の虚構かもしれない」
というような事が書かれていたのを思い出します。
「正義」という言葉の下に、多くの戦争が引き起こされてきた事を考えれば、「品格」なんて言葉も同じような危うさを持っている言葉のように思えます。


22:07 | 日記 | comments(2) | - | - | - |
2017.11.11 Saturday

狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット

何かもう少しひねりの利いた良い名前ないのかよ?って感じのユニット名でございますが。
12月7日(木)池袋は鈴ん小屋さんでのライヴです。
通常の二人分の時間枠でやりますので、一時間以上のセットになります。
まだ何も決まっていませんが、お互いの曲を交互にやっていくような感じになるのではないかと思います。
普段やるのとは違う曲も入ってくるかもしれません。

狩野ちゃんのサポートは長い事やっていますし、僕のライヴでギターを弾いてもらった事もありますが、こういった形でのジョイントというのは初めてです。
僕が歌を歌いだすようになったのは、彼の影響が大きいので一度こういう形でやってみたいなと思っていました。
好評だったらまたやるかもしれませんね(笑)。GW限定ユニットとか、お盆限定とか。
もとい。
12月師走の忙しい時期だとは思いますが、万障お繰り合わせの上是非ともご来場下さいませ。

12月7日(木) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】ユサケンジ / 狩野良昭&榎本高 年末限定ユニット /他
【開場/開演】未定/未定
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

出演時間等詳細は後日アップします。


20:50 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2017.11.06 Monday

晩秋の安曇野

吉祥寺GBのライヴの翌日の夜から山荘冬支度のために安曇野に行ってきました。
「文化の日」11月3日は快晴。買い物がてらに池田町から松川村にかけてドライヴ。


昼食はいつものとおり松川の蕎麦屋「見はらし」へ。
少し遅めだったので蕎麦が売り切れてしまっていました。本来なら営業終了なのですが、幸運なことに午後の予約のお客さんの為の蕎麦を打っているので30分くらいかかりますが宜しければとご好意を頂きました。
その待ち時間の間、近くの焼き物の工房に寄ってみました。大分ご無沙汰してしまって、サッカーとかをやっていた子供も20歳を超えていると聞いて時間の経つ早さを感じました。


先代の犬が亡くなって、まだ幼犬だった「ドン」ももう15歳。憶えてくれてたのか、顔を摺り寄せて「クークー」鳴いてくれました。
2日目の4日は朝から小雨交じり。山荘の庭にはかなり苔が育っています。最近は若い女性に苔は人気があるらしく、「苔ガール」なんて呼び名もあるようです。


今回少し詳しく見てみると微妙に違う色々な種類があるようです。何か珊瑚にも通じるものがありますよね。
訪ねる度に少しずつ苔が岩を覆っていくの見ると、「生」への営々と続く力強さを感じます。
雨の止むのを待って午後は庭仕事を。伸びすぎた雑木をチェーンソーで切り倒し、手ごろな大きさに切り分けました。
将来薪ストーブを導入した時の燃料になるはずです。
自然にかなり隣接しているここの庭でも、やはり庭として保つには人の手を入れないと維持出来ません。
何もしないでいると最終的には、家など人の作ったものは凌駕されてしまいます。
自然の摂理に手を出すのは不遜にも思える時がありますが、謙虚な気持ちを持って臨めば教えてもらえる事も多々あるように思えています。
最終日の昨日5日は、掃除と冬に向けての準備。この準備を怠ると水道管が凍結してしまったり厄介です。
昼過ぎにトランプ大統領来日のニュースを耳にしながら帰路に。
やはり中央高速は大月付近から渋滞。カーナビの指示に従い一般道へ。まるで走ったことのない、もう二度と走らないかもしれない紅葉の美しい渓谷沿いの道を走りました。絶対自分では選択出来ないコースを安心して走れるのがカーナビの楽しいところです。
混んではいたもののそれほどストレスを感じずに帰宅することが出来ました。
自然の力も凄いけど、カーナビの力も凄いですよね。
何か大変な時代に生きてることをまたも実感した晩秋の安曇野への旅でした。


19:40 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2017.11.02 Thursday

榎本高@吉祥寺GB

無事終了しました。週中の平日にも関わらずご来場の皆様方ありがとうございました。
「行こう!」とは思っていたけど、都合がつかなかった皆様もありがとうございました!次回は是非!
吉祥寺GBでは初めてとなるフルアコエレキでの弾き語り、見に来てくれた皆様からも、GBのスタッフからも好評でした。
ではセットリストを。

1.Crossroads
2.散歩に行こう
3.Belief
4.再会
5.限りあるもの(新曲)
6.秋の憂鬱

今回のアレンジとしては(一人弾き語でも一応考えるですよ)、歌とギターが一人アンサンブルする曲と、歌が主、ギターが従になる形の二つがありました。
歌とギターのアンサンブルというのは基本がブルースで、歌の合間はギターで何かやるような「かけ合い」のような組み立てで、「Crossroads」「Belief」「再会」がそうです。
その他の曲は歌がメインで、ギターはコードストロークやアルペジオに徹するような組み立てになっています。
何かそういうメリハリをつけると面白いかなぁと思ったんですが、どうだったんでしょう(笑)?

M-5の「限りあるもの」は新曲で人前で歌うのは初めてです。
この曲は夏前から取り組んでいる曲ですが、今でも未完成です。
テーマが、人は寿命がある事とどう向き合っていくのか?どう向き合っていくべきなのか?という大それたものなので歌詞で完全に行き詰ってしまいました(笑)。
今日歌ったのは問題提起的な一番です。MCでM5〜6を「一曲半」と言ったのはそういう意味です。
問題提起の言いっぱなしになってしまうので、完成してからやるべきかもしれませんが、M6の「秋の憂鬱」がフォローしてくれるように思えたので、思い切ってやってみました。
やってみてそれに対する2番も書けるように思えました。今はですけど・・・(笑)。


明日から安曇野の山荘冬支度に行ってきます。
ギターも持っていくので、そこで歌詞を考えてみたいと思っています。


▲top