私的なブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< RWC2019準決勝イングランドvsNZ | TOP | RWC2019 >>

2019.10.28 Monday

Twin Live vol.7 分離派書房&榎本高

無事終了しました。
足を運んで下さった皆様ありがとうございました!
また、行こう!とは思っていたけど都合がつかなかった皆様もありがとうございました!
ライヴ続きますので次回は是非!
ではセットリストを。

M8〜10は分離派書房とのセッション。

1.散歩に行こう
2.What did you sey〜Driftin' Blues
3.秋の憂鬱
4.Wish You Were Here
5.苛立つ年頃
6.再会
7.限りあること

8.Honky tonk women
9.サルタン怒りの理由
10ラストニアン・ラプソディ

11.いつまでも仲良く

分離派書房とはアコーディオン佐藤史朗氏とバイオリン奏者中井一朗氏とのユニット。何と昨日がデビューライヴ。
言うまでもなく旧知という言葉では足りないくらいの間柄ですが、分離派書房としては初ライヴとの事で見ているこちらも最初はやや緊張しました。
しかし長年培われてきた演奏力とふてぶてしさ(?)でその心配は杞憂。
EL&Pの曲のカバーを新しい切り口でやるなど見ていてとても楽しめました。

そして自分のセット。
まぁまぁですかねぇ・・・(笑)。

M-2の「What did you sey」は白浜久氏のカバーですね。
毎度のことではありますが、最後の曲が終わった瞬間から「もう一度最初からやりま〜す」って言いたくなってしまうものです。
なんで本番というのはああにも目論んだようにいかないもんですかね。

とは言え普段は佐藤氏率いるプラネタリウムでベーシストとして見ていてくれたお客さんで、初めて私の弾き語りを見てくれた方々も多数いて評判は概ね良好。安心しました。

さてもうすぐ11月ですが両巨頭とのライヴがガンガンと続きます。自分の年代的にはゴジラとガメラって感じでしょうか?(笑)。
まず最初はこちらですね。個人的にはハーネス初参戦です。

そしてその次はこれですね。

「Twin Live vol.8 小山卓治&榎本高」

2019年11月16日 (土) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】小山卓治/榎本高
【開場/開演】17:30/18:00
【Ticket】3000円+2drink

 

 


コメント

コメントする









▲top