私的なブログ

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Twin live Vol.5@アルティカ7 | TOP | 白浜久プロジェクト2019始動 >>

2019.04.14 Sunday

この10日間

4月5日、小池啓仁君とのオールアコギのアルティカ7のライヴが終わってからの顛末。
翌6日は7日が投票日の統一地方選挙の期日前投票を済ませた後、作業場で8日のGB、今度はエレキでの弾き語りに向けての準備に追われていました。
やはり違う事をやってみたいという良く言えばチャレンジ精神とサービス精神、悪く言えば飽きっぽい性格なのか。
ただ今の自分の心境としては「チャレンジすればそれは必ず力になっていく」という事に尽きます。

翌7日は吉祥寺GBの「JOJI-ROCK U22 GRAND PRIX 2019年春大会〜決勝〜」の審査員を務めるため何と朝7:30に吉祥寺へ。
期日前投票をしたのはこういう訳だったのです。


何と43組のバンドを見るという大役と言うべきか何と言うべきか。
日ごろお世話になっているGBさんに借りを返すつもりでという気持ちもありましたが、ちょっと若者の音楽の放射を浴びてみたいという気持ちもありました。
結果恐ろしいカルチャーショックを受けました。

殆どが高校生。中には中学生そして小学生まで。
これが上手い。テクニック的には。
チューニングが合ってないバンドなんて一つもありませんでした。
そして皆さん良い楽器を持っていることったら。
色々探っていくと殆どのバンドが学校の「軽音」というところで活動しているバンドとの事。
学校公認なんですね。今は。と言うより学校活動の一環。その証拠に中には顧問の先生も一緒に来ていたり。
かなり「ウーム」と唸ってしまいました。
そして女の子が多いという事の驚き。自分が高校生の時にエレキ弾いている女の子なんていませんでした。
時々ピアノやってたって事でキーボード弾いてる子がいたりするくらい。
そして女の子の方が更に上手い。男の演奏は雑。
まぁ、分かるような気はしますが。

で難癖をつけるわけですが、全体的に「こじんまりしている」「何かみんな似ている」という印象。
何か強烈なインパクトを持って枠から飛び出しているようなバンドはありませんでしたね。
やはりそういう片鱗を持っているバンドがあったとしても、予選の中で淘汰されてしまうようです。
確かに「強烈なインパクトとテクニカル」両方持っていたら、もうアマチュアの域ではないかもしれませんからね。
どっちか一つという事になれば、やはりテクニカルが勝ち上がってきてしまうのでしょうね。
なので本当に審査は難しかったです。どのバンドも殆ど差がありませんでした。
僕の中では10点満点の審査方法で総てのバンドが5点〜7.5点の間に集中していました。
総て終えてGBを出たのは21時半を過ぎていました。

そして翌8日またもや吉祥寺GBへ。
やっぱり余熱が続いているような状態でした。疲れている筈なのに疲れを感じない躁状態。若者のエネルギーが伝播してしまったんでしょうね。
何かそういう状態って楽しいというか懐かしいというか。かつては年中そんな感じだったんでしょうね。
エレキ弾き語りの選択は良かったように思えています。
相変わらず本番というのは色々な事が起こるなぁというのも一緒でした。
でもApple Jamやミアちゃん、矢舟テツロー君という顔見知り多くそれぞれ違うタイプで楽しいライヴでした。

そして終演後中央高速を爆走して安曇野へ。春の山荘点検と庭作業。
ところが翌9日朝起きてみると、庭の景色は冬の剪定を終わらしたままの状態。ある程度新芽とか出ていれば剪定もやれるのですが、何もやる事がありません。
気が緩んだのかドドッと疲れが出てきて、しかも腰痛まで出てきてしまいました。
前日、GBで藤崎さんと「明日あたりにドカーンと疲れが出て倒れるかも」っていったのが本当に。
しかも翌10日はいきなりの積雪。腰痛もピーク。


結局その翌日を含めて三日間温泉に通いっぱなし。すみません世の中の皆様。
そして12日帰路に。平日の空いている高速をゆっくりと。
しかも甲府の降りて桃の里の温泉にまた立ち寄り。申し訳ない世の中の皆様。

そして昨日13日は下北沢にて福島邦子さんのライヴへ。
本当に久し振りに歌声を聴きました。歌声を通じて時間が戻っていくような錯覚に陥りました。
心に染みるライヴでした。
初めて会って仕事をご一緒させて頂いてから随分と時間が経ちました。
でもつい昨日のことのように思えました。
ピアノで参加していた竹田元氏とも再会。やはり見に来ていた狩野ちゃんと竹田さんドラムのグリコと私で随分バックやってましたよねぇ、なんて昔話に花が咲きました。
邦子さん現在はアメリカのシアトルに住んでいて、里帰りライヴという形でライヴを東京でやっていたそうですが一応今回がピリオドとの事。
「いやぁ、またやりましょうよ」
って言って会場を後にしました。腰痛も気にならないって感じでした。

って訳で結構ドタバタした10日間。春ですね。色々な事が起こります。


20:24 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top