私的なブログ

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 狩野良昭&榎本高 冬の限定ユニット2・ネコアオ@自由が丘マルディグラ | TOP | 一年 >>

2018.12.20 Thursday

どうしてそんなに急いでしまうのだよ?

ギタリスト鎌田ジョージの訃報が突然届きました。
ここのところ疎遠になってしまっていましたが、20代の後半は毎日のように顔を合わせる濃密な時間を1年以上過ごしました。
ライヴ、リハーサル、旅、レコーディング、打ち上げでのドンちゃん騒ぎ。ホント色々やりました(笑)。
彼とは同じ歳という事もあって気楽な会話が出来る間柄でした。
「ジョージうるせぇんだよ。音でか過ぎ!」
とか。
軽く
「フーン」
とかわされてしまいますが。
でも、それは同じ歳だったからだけではないように思えています。
同じ歳でもそういう会話の出来ないミュージシャンは沢山いますから。

中村あゆみライヴを一緒にやっていた1986年の大晦日、「ゆく年来る年」に出演するために長崎に行った時の事です。
場所はかつての「オランダ村」。今はハウステンボスって言っているのかな?
絶対に遅刻しないようにとの厳命の元、ジョージも僕も早めに羽田に着いていました。
搭乗手続きも早々に済ませて、ビールを軽く飲みバスを待つロビーで二人してボンヤリしてました。
バスを待つ列は出発時間が近づいても一向に動く気配もなく、やれやれと思っていたその時、長崎行きの案内板がパタパタと廻り始めて違う目的地が表示されました。
慌ててそのゲートに向かって係員に問いただすと
「長崎行きの案内は終了しました」
「えっ」
僕らが見ていた列は違う飛行機に向かうバスの列だったのです。
まぁ、それからが大変でした。帰省ラッシュの大晦日。携帯も無い時代ですから。
福岡行きのキャンセル待ちに網を張り、何とかゲットして福岡に向かい博多駅から長崎本線に乗り、途中でイベンターの人の出迎えを待ち、車に乗り最後は舟に乗り、乗り物全制覇って感じでした。
私が引率者でジョージは何にもしませんでした(笑)。
そして深夜一曲だけのあて振り口パク出演は無事終了したのでした。

暫くしてその話をした時にジョージがフト
「お前が生真面目に、行かなきゃっ!って言っているから黙ってたけど、俺は帰って炬燵に入ってミカンでも食いながらテレビ見てようって思ってたんだよな」
ってボソっと言いました。
申し訳なかった。

もう一つ。
その数週間後、別の付き合いの新年会で飲みすぎて家に帰れなくなり、ジョージに電話したら、
「しょーがねぇーな。泊めてやるから来いよ」
後にも先にもジョージの住まいに上がったのはその時だけでした。
あんまりプライベートは立ち入られたくない方だったように思えます。
綺麗な部屋でした。
なんのバンドだったか忘れましたが、ボーカルが複数人いるバンドの曲を聴いていて
「こういうのってカッコ良いよなぁ」
って言ったら
「じゃ、お前も歌えば良いじゃん」
「ダメダメ下手くそだから」
「お前良い声してるけどなぁ」
視線を合わさずボソっと言ったのを今でもハッキリ憶えています。

今自分で曲を書き歌っている事と、その時の彼の言葉が励みになっている事を伝えたら何て言うのでしょうか?
「あのなぁお前、俺の言ったこと信用したのかよ?馬鹿じゃねぇの」
かなぁ。
茶化されても良いから伝えたかったなぁ。
その言葉お守りにしてやっていきます。

あっ、彼はギタリストでしたね。
でもその事は皆さんの方が良く知っているので書く必要はないですよね。
素晴らしいギタリストでした。同じ歳のミュージシャンとして嫉妬するくらい。
そしてそれ以上に優しさのあるナイスガイでした。
どうしてそんなに急いでしまうのだよ?


19:41 | 日記 | comments(1) | - | - | - |

コメント

研さんのブログで驚き、あゆみのブログでさらに衝撃でした。
昨日の夜はBROTHERのミュージックビデオを何回も見ました。
カッコよいギタリスト!
ご冥福をお祈りします。

その長崎のイベンターのスタッフさん、たぶん私の友人の彼氏さんです。
2018/12/21 10:56 AM by YUMI

コメントする









▲top