私的なブログ

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 言葉に出来ない憤り | TOP | どうしてそんなに急いでしまうのだよ? >>

2018.12.18 Tuesday

狩野良昭&榎本高 冬の限定ユニット2・ネコアオ@自由が丘マルディグラ

無事終了しました。
師走の忙しい中足を運んでくれた皆様方、ありがとうございました!
行きたかったけど、どーしても行けんかった!という皆様もありがとうございました。
次回は是非。
ではセトリを。奇数曲が自分が歌った曲です。

1.やさしさに包まれたなら
2.Tomorrow
3.石をとれ〜花・太陽・雨
4.どうにかなるさ
5.In the blood
6.何のために
7.Do you know(with藤原美穂)
8.僕のライフ

何かマルディグラという場所が70年代を強く意識させてくれる場所なので、普段やらない70年代の曲を選んでみました。
「石をとれ」はイギリスのスーパーグループEL&Pの曲。「花・太陽・雨」は日本のスーパーグループPYGのデビュー曲。
自分がこういった音楽に目覚めるきっかけを作った曲でもあり、今まで歌った事はありませんでしたがいつかは歌いたいと思っていた曲。
「石をとれ」の歌詞を読んでいる時に思わず今の自分は石をとって海に向かって投げ、その波紋を見ているかなぁと暫し考えてしまいました。
そんなことも含めてとても良い再確認になりました。

そして美穂さんとのデュエット曲「Do you know」はFleetwood Macの曲。
簡単に言えばツインボーカルの曲。最初から最後まで二人とも歌いっぱなし。
9月にやる予定だった曲を取り下げてでも、この曲を美穂さんとやってみたいという欲望を押さえる事が出来ませんでした(笑)。ステージ上で怒られてしまいましたが、美しき人に衆目の前で怒られるというのは結構気持ちの良いものだと、あれれ・・・ちょっと自分って変かしら・・・とも思ってしまいました。

歌っている最中はいやいやもう大変でした。何か美穂さんからくる気迫みたいなものがね。
でもこのような機会が持てた事はとても幸せなことだと感じています。
言葉にならないものを頂きました。

9月にやる予定だった曲はまたいつか・・・(もう無理か)。

そう、そして久しぶりに聴いた山田直子の「見つめていたい」も素晴らしかったです。2012年に一緒にやったイベント以来かなぁ。ちょっと画策した甲斐がありました。

この肉食系女子×2、草食系男子×4(うち1名は草も食べてないかもしれない)のイベント、来年もどこかであるのではないかと思います。
またその時は何か新しいチャレンジをしたいと思っています。

さて次は31日のGB。
昨夜は自分の曲は歌いませんでしたから、当然31日は全曲自分の曲をアコギ1本でやります!
大晦日らしいでしょ?

12月31日(月)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】小池啓仁/KAEDE LAPIN/榎本高/狩野良昭/他
【開場/開演】14:00/14:30
【Ticket】¥2500+1drink/大学生・専門学生¥1400 +1drink 高校生以下¥600 +1drink


コメント

コメントする









▲top