私的なブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 深まる秋を感じて | TOP | 2018.11.01 榎本高 at 吉祥寺ROCK JOINT GB "Full Version" >>

2018.11.02 Friday

榎本高@吉祥寺GB

無事終了しました。
また日程が続いていて個別にアップ出来ませんでしたが、10/30のプラネタリウム@曙橋Back in Townも無事終了しました。
ご来場の皆様方ありがとうございました。
「行こう!」とは思っていたものの都合がつかなかった皆様もありがとうございました!次回は是非。
まずはセトリを。

1、Van diemen`s land (U2)
2、再会
3、秋の憂鬱
4、Love on the weekene (John Mayer)
5、The night I heard Caruso sing (Everything But the Girl)
6、限りあること

今回はピアノに葛岡みちチャンを迎えてのピアノ&ベースでのセット。
みちチャンとのコラボは2年ぶりになりますが、前回は彼女はアコーディオン。
彼女のピアノとベースを弾きながら全編歌うという事も含めすべてが初めての試みでした。
がらっと曲の印象が変わるものです。
一言で言えば「しっとり」なのかなぁ。

アコギやエレキを弾きながら歌うのとは明らかに違う感触がありました。
やはり自分で低音を提示しながら歌うのは安心感があります。勿論一番キャリアが長い楽器ですし。
あまり複雑な事は弾けませんでした。白玉とシンプルな刻み。
でも歌いながらだとそれでも充分な気がします。
逆に言えば今まで随分と余計な事も弾いてたんだなぁと思いました。

そして特別参加の田部井君。
「秋の憂鬱」に期待以上の彩を与えてくれました。
「やっぱりこの人はぁは凄いなぁ」
と再確認。
みちチャンや田部井君のような凄腕にサポートしてもらえるのは至福のひと時です。
それと平日の遅い時間にも関わらず見に来てくれる人がいる事も。
狩野チャンのセットも充実したものになりましたね。

9月〜10月に続いたライヴも一旦区切り。でもやっぱりすぐにやりたい気持ちです。
何か画策しますね。
写真は見に来てくれた白浜久さんが撮ってくれたものです。

 

 


コメント

コメントする









▲top