私的なブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 榎本高@早稲田ReNen | TOP | Hearts(ハツ)@四谷SOUND CREEK Doppo >>

2018.10.12 Friday

時の過ぎゆくままに

どうも時間に正確らしい。
youtubeにアップした9月5日の吉祥寺GBでのライヴ。ライヴの最初から最後まで入っているフルバージョン。
最後の曲「限りあること」が終わって「どうもありがとう!」と言ったところが40分5秒。
当然ながらこの日のセットは40分メニュー。さすがに一部から問い合わせがありました。
「時計見ながらやっているんですか?」
いいえ。全然見てません。
下北沢Blue Moonのワンマンライヴでも一部を終えたところで、その日アシスタントを務めてくれたIクンが、
「50分ピッタリでした」
と。そして2部とアンコール終わった後に、試しに尋ねたら、
「1時間丁度でした」
ウーム。

そして先日早稲田ReNenでのライヴ。
「じゃ5分押しでやりまーす」
という事で19時5分にステージへ。
終わってギターをスタンドに掛けて、スマホを開くと「19:35」。
何分枠のセットだったか書く必要もないでしょう。
この時ばかりは
「いい加減にして欲しいものだ」
と思いました。時刻表じゃないんだから。

リンゴ・スターがどっかのインタビューで66年のビートルズ来日公演の際に、日本人のスタッフやガードマンがあまりに時間に几帳面でビックリすると同時にウンザリしたというような事を語っていました。
まさしくそれなんでしょうね。自分も。
一説には、BPM60でベースのスケール練習をよくやるからというのもありますが信憑性はありません。

ロックミュージシャンは時間にある程度ルーズでないとね。
かつてのストーンズのライヴなどは、延々押しまくって始まるのが明け方の5時とかだったそうで、ルーズもここまでいくと真似出来ない領域ではありますが。
今の時代そんな事は誰もやらないでしょうね。
そんなわけで今度の日曜はどっぷりロックに浸かる感じのベースを弾きにいきます。

10月14日(日)四谷SOUND CREEK Doppo
https://doppodoppo.wixsite.com/soundcreekdoppo
【出演】Hearts(ハツ)<Vo.原田千栄/Gt.南明男, 早川治/Dr.川崎裕之/Key.盛山こういち/Bass.榎本高>/とと屋一二の三四郎
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】¥2500+1drink¥600

アメリカンロックのHeartのトリビュートバンドHearts(ハツ)に山田直子ちゃんの代打として参加です!


20:56 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top