私的なブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 榎本高&狩野良昭@吉祥寺GB | TOP | 梅雨明けを感じて >>

2018.07.09 Monday

短絡しないように

カンヌ映画祭の最高賞であるパルム・ドールを受賞した「万引き家族」の是枝監督の手記を読みました。
共感する部分が凄く多い内容でした。
一番頷くと同時に反省しなければと思ったのは、
「長い文章を書くということは考える作業である」
という部分でした。
自分も同じ考えを持って、ブログというものが出来る以前から自分のウェブサイトに手記をアップし続けてきました。
ここ1〜2年、薄々感じて時にはそんな内容も書いていたのですが、月々のブログのアップ数が徐々に減ってきました。
どうでも良いような内容でも文章を書くのは時間がかかるものです。
それに立ち向かう体力不足なのか、頭の中での刺激の少なさなのか・・・。
時間が無いわけではないのです。時間をかける事が億劫になってきているのです。
16年前に始めた「私的なコラム」から書き続けてきた意味のあまり無い文章は、自分の中に撒く肥料のようなものだったのだと思います。
なのでここのところ急速に薄っぺらくなってきてしまっている気がしています。
以前ならワールドカップのことも、松本死刑囚のことも、西日本の集中豪雨のことも何か思うところを書いていたでしょう。

ツアーの仕事を始めた頃、地方で知り合った女の子に良く手紙を書いていました。
上手く書けなくて何度も書き直したり、切手を貼ってポストまで持っていくことや、返事が来るか来ないか思いを巡らしたり。
10日くらい経って返事が来たときの喜びや、開封する時のドキドキした気持ち、そして思いのほか達筆だったりした彼女の字。
そんな時の流れが懐かしく思えます。
SNSが物凄いスピードで生活の中に入り込んで、そういう時の流れを感じることは少なくなりました。
でもそういった時の流れだってあるんですよね。自分が見失っているだけで。
もう少し無駄な文章でもゆっくり時間をかけて書かなければ・・・・。


19:26 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top