私的なブログ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 3.11 | TOP | 世の中が・・・・ >>

2018.03.11 Sunday

7年経った3.11

無事終了しました。ご来場の皆様ありがとうございました。

こういったイベントで歌うのは初めてですし、勿論知らない人が殆どでやや緊張しました。
自分の出番の直ぐ後が桂枝太郎さんの落語だったのですが、そのまくらの部分で「災害が起きた直後の現場では落語なんて本当に役に立たないもので・・・ただ時間が経った後には出来る事もあるように思えて」というような事を語っていました。
やはり同じような事を考えているのだなぁと思いました。

「三月のあの夜」という曲は同じような気持ちで作った曲です。
風化が進んでしまう景色を曲にして、思い出す手掛かりにしてもらう事は出来るのではないかと思いました。

大船渡津波伝承館館長の斎藤賢治さんの話もとてもインパクトの強いものでした。
あの津波を現場で体験した人でしか語る事のできない無念さと共に、その無念さを味わう事がもう起きないようにしたいという強い気持ちを感じました。

思い出せば7年前の今頃は東京の大渋滞の中に巻き込まれ、幹線道路を歩いて家に向かう人の群れを茫然と見ていました。
あの時の異様な光景や気持ちから自分は何かを学んだのだろうか?
それはこれからも事ある毎に反芻していかなければいけないと思っています。

最後にこのイベントを企画開催した島田さんを始めとするTokyoFunnyPeople の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました!


コメント

コメントする









▲top