私的なブログ

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 禁酒99日目 | TOP | 小平奈緒選手に贈ることば >>

2018.02.18 Sunday

危険を感じなくなってきている私たち

電動自転車で高齢の女性に激突して死亡させてしまった女子大生が重過失致死の疑いで書類送検されたという記事を目にしました。
この女子大生は片手にスマホ、反対側の手には飲み物を持ち耳にはイヤホンをした状態で電動アシスト自転車を発進させ制御不能になってしまったようです。

当たり前だろうと思います。飛んでもない馬鹿野郎だとも思います。

ただこの女子大生が、人を1人殺してしまったという事を抱えてこの先生きていかなければならないのも辛い事だろうとも思ってしまいます。

電動アシスト車というのは、ちょっと踏み込んだだけでかなりのスピードが出てしまうそうです。
この事故の遠因にはそういった事もあるようです。
勿論それは使う側がちゃんと気をつけていれば良いのであって、アシスト車の是非という話ではありませんが。

ただ、私たちは便利なものになればなるほど、そこには使い方次第では大きな危険があるという事を忘れ過ぎてはいないでしょうか?
アシスト車の前後に子供を乗せて、下り坂の右側を猛スピードで下って来る母親を見ると、「本当に子供が可愛いのだろうか?」と思ってしまいます。
スマホを見ながらの自転車運転、携帯で話しながらの自動車運転・・・言い出したら切りが無くなってしまいます。

きっとそこには便利さや効率だけを誇張していき、慎重であることが揶揄され、見切り発車の結果オーライが勇気ある行動と評価されがちな世の中の風潮があるのだと思います。
その積み重ねが、本来生き物として持っている危険察知能力を退化させていると言ったら言い過ぎなのでしょうか?

耳にイヤホン片手にスマホ、反対側の手に飲み物を持って自転車を運転する事が危険だと思えないなんて、何かが間違っているとしか言いようがありませんよね。


18:13 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top