私的なブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ファイナルへ | TOP | 榎本高・狩野良昭@吉祥寺GB >>

2014.07.16 Wednesday

祝!ドイツ

2014W杯ブラジル大会はドイツの優勝で幕を閉じました。
ドイツの優位を予想していましたが、ゲームはかなり際どいものでした。
ゲーム開始直後からドイツの攻撃の形は出来ていたので、どこかの時点でゴールは決るだろうと思って見ていましたが、決勝戦の緊張から来るものなのかドイツが決めきれないでいると、アルゼンチンのカウンターの切れ味が鋭くなってきました。

今回の大会で改めてスポーツに於いて心理面というのはとても大事なのだと感じました。
「点を取る」と思ってやっていても、中々取れないと「点を取られたくない」という気持ちが芽生えてくるのだと思います。
特に守備面には大きな影響を与えるように思えます。

まして相手にはメッシという切り札があるわけですから。
ゲーム中盤はややアルゼンチンが勝っているようにも思えました。
作戦は一つ

「とにかく守って後はメッシに何とかしてもらう」。

このようなシンプルさはああいう場面では強いのかもしれません。
メッシとノイヤーが1対1になった場面もありましたし、ドイツディフェンスラインの裏を取ってのチャンスは相当ありました。

ではありますが、お互い決めきれずに入った延長戦、最終的にはやはり総合力だったのかもしれません。
ベテランのクローゼに変わって入った22歳のゲッツェがゴールを決めたのは、幅広い年齢層をバランス良く持っていたチーム力の表れのように思えました。

優勝チームからMVPが出なかったというのは、ドイツチームの姿を物語っているように感じました。
前回も確かそうでしたね。資料を見たらあまり優勝国からはMVPは出ていないようです。

そしてMVPはメッシ。
複雑な気分ではないでしょうか?本人も。
数字的なものだけで言うならば、試合数が少ないながらも得点王になったコロンビアのロドリゲスが相応しいように思えます。
突出したプレイヤーをあまり必要としない、総合力サッカーがここ2大会優勝した事を考えると、MVPというもの自体も微妙な存在になってきている気がしました。

個人的にドイツを応援していたので、かなりハラハラしました。
アルゼンチンの頑張りは凄かったと思います。決勝戦に相応しい名勝負だったように思えました。

1ヶ月間沢山のドラマがありました。
日本も大きな課題を突き付けられました。
「自信なのか?それとも過信なのか?」。
乱暴に括ればこの様になると思います。
自分でも常に向き合っているテーマなので考えさせられました。

また4年後。今度はロシアです。
 

コメント

コメントする









▲top