私的なブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 7月のライヴ | TOP | 祝!ドイツ >>

2014.07.11 Friday

ファイナルへ

準決勝二試合はかなり対照的なゲームになりました。

やはりブラジルはネイマールとチアゴシウバの欠場が大き過ぎました。
ただあえて言えばそれを意識し過ぎたという感じもしました。CBのダビド・ルイスがかなり積極的に攻め上がるシーンもあったのですが、廻りとの連携が上手くいかず逆にピンチを招くようなシーンが多々ありました。
ここいら辺が後述する2試合目にもかなり影響を与えた気がします。

それにしてもドイツの完成度は高い。
選手同士の連携が素晴らしく、2列目3列目の攻撃参加もあたかも阿吽の呼吸のようです。
ドイツの攻撃を見ていると、次から次へと選手が湧き出てくるようです。
ブラジルのディフェンスの問題もありますが、守備を完全に崩してフリーでシュートを打つ回数がとても多かったように思えます。

それにしても7-1は衝撃的でした。

そして2試合目。実に渋い試合でした。
アルゼンチンはオランダに攻撃をさせない、という事を優先課題にしていたように思えます。
自らも無理な攻撃を仕掛けずに、緩くボールを横に回して、相手が突っかかってきたら縦にメッシに向けてボールを出して、後はメッシになんとかしてもらうというというシナリオに見えました。
オランダもメッシを恐れて無理な攻撃を仕掛けませんでした。

お互い自分もやらないけど相手にもやらせない、ワンチャンスで1-0で勝つというゲームでした。

W杯においては良く見られる展開なのですが、今大会ではあまり見られなかった形でした。
結果はPKでアルゼンチンが勝ちましたが、オランダとしては極めて消化不良のゲームだったように思えます。もう少しリスク背負ってでも仕掛けて欲しかったというのが本心です。

決勝アルゼンチンvsドイツ。アルゼンチンも準決勝のようにはいかないと思います。
個人的にはドイツがメッシを完全に封じての優勝と予想しています。
ドイツのサッカーは選手同士のハーモニーがとても気持ち良いのですね。
やはりワンマンバンドはあまり好きじゃないという事なんでしょうね。

3位決定戦ブラジルvsオランダも楽しみです。
ガツンガツンの打ち合いになるような気がします。

早いものであっという間に残り2試合です。

コメント

コメントする









▲top