私的なブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ギリシャ戦 | TOP | ボスニアの試合を見て思ったこと >>

2014.06.25 Wednesday

コロンビア戦

日本の三試合を見て「躊躇」という言葉を思い浮かべたのは自分だけだったのだろうか?
確かに今日の試合多くのチャンスがあったようには見えたが、相手を怯えさせる迫力があったかと言えば、無かったように感じてしまった。

後ろの選手が前の選手を追い越して攻撃に参加するような形がどれくらいあったのだろうか。
攻撃において一番エネルギーを感じるのはそういったシーンで、それは素人目に見ていてもハッキリと分かるし、得点に結びつくケースが多いように思える。
どのゲームを見ても強いチームというのは、「ここだ」というスイッチが入った時には画面の端を猛烈な勢いで駆け上がっていく選手が見える。
そこには「躊躇」がない。「ボールを奪われてカウンターを喰らったらマズイ」という迷いがない。

ナンバーの最新号で本田選手が「初戦は監督から言われた事を全部ちゃんとやろうとし過ぎたのではないか?」という意味合いの事を語っていた。
攻撃も守備もちゃんとやる。勿論それが出来れば完璧なのだろうが、「それが出来ないのがW杯なのかもしれない」と言葉を続けていた。
「躊躇」や「迷い」を消すというのは、色々あるオプションを捨てて特化するという事なのかもしれない。
攻撃的という事はサッカースタイルやフォーメーション以前にそのような精神性のように思える。

オランダのファン・ハール監督は記者会見で、今回のオランダが5バックを採用した事を守備的と言われると
「逆に訊きたい。攻撃的とはどういう事なんだ」
と声を荒げたらしい。
今回のオランダはが守備的とは思えない。確かに5バックだがラインの位置は高いし、ボールを奪った後の攻撃のスイッチの入り方、選手の上がっていくスピードは凄いものがある。

ボールポゼッションやパス成功率が高ければ攻撃的というのは、「勘違い」だったのかもしれない。
バルサや今までのスペインが強かったのは、ポゼッションも高いがやはり前に向かう、という基本姿勢が強かったからなのではないかと改めて思う。
その基本姿勢が弱くなってしまった今回のスペインが惨敗したのは当然の事なのだろう。

日本は残念な結果に終わってしまったが、W杯が今回で終わるわけではない。
勝敗云々より次は「躊躇」を感じない試合を見てみたい。

コメント

コメントする









▲top