私的なブログ

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.11.17 Sunday

「Twin Live vol.8 小山卓治&榎本高」

無事終了しました。

足を運んで下さった皆様ありがとうございました!
また、行こう!とは思っていたけど都合がつかなかった皆様もありがとうございました!
ライヴ続きますので次回は是非!
ではセットリストを。

M9〜11は小山卓治さんとのセッション。

1.What did you say?
2.モバイル
3.11月13日に思ったこと
4.クリスタルレインドロップ
5.君は僕の心の支え
6.3月のあの夜
7.秋の憂鬱
8.散歩に行こう

<セッション>
9.天秤(Vo 小山卓治)
10傷だらけの天使(Vo 小山卓治&榎本高)
11.種の歌(Vo 小山卓治&榎本高)

12.限りあること
<アンコール>
いつまでも仲良く

今年最後のTwin Live。とても充実したものになりました。

今回だけでなく足を運んで見に来てくれた皆様に感謝の気持ちで一杯です。
勿論ゲスト出演してくれたアーティストの皆さん、そしてアルティカのスタッフにも。

それにしても小山卓治恐るべし。
ライヴもレコーディングも一緒にやってきましたが、アコギ一本での1時間サイズの弾き語りを目の前で見るのは初めてだと思います。

言葉を巨大なハンマーで打ち付けるような迫力あるライヴに圧倒されました。
あれだけ圧倒されると不思議と開き直れるものです。
「しゃぁない。自分は自分のやり方でやるしかないっ!」
みたいな。

その上大勢の卓治さんファンの前で卓治さんの曲を自分のセットの中でやったり、セッションで僕の曲を卓治さんに歌ってもらうという暴挙(?)も。
でもそういった中でより小山卓治という人の凄さを今まで以上に感じる事が出来ましたし、先輩に対して甚だ失礼ではありますが「負けないぞ!」って10代の頃に感じたような気持ちを今再び持っています。

そういうステージ上での化学変化を皆さん楽しんでもらえたでしょうか?
僕はそれこそがライヴの大きな魅力だと思っています。

さてぇ。MCで言ったように来週からは「限りあること」の歌録音です。
白浜さんが本当に素晴らしいアレンジと演奏をしてくれています。大きなプレッシャーも感じていますが、プロジェクトのアルバムの中で違った光を放つ一曲に仕上げたいと思っています。

「限りあること」というタイトルで歌うのは昨夜が最後になりました。
歌詞の一部も直して新しいタイトルは「明日へ」にしました。
12月27日白浜プロジェクトの吉祥時GBライヴで発売開始です。

全曲素晴らしい出来です。期待して下さい!

そして来年1月18日はアルティカでワンマンライヴです❕


2019.11.16 Saturday

2019.10.27 榎本高 at 代々木アルティカセブン 「いつまでも仲良く」

先日の「分離派書房」とのジョイントライヴからの1曲。

オリジナルの中では最も古い曲なので、曲が成熟してきたような気がしています。
思えば色々なアレンジで歌ってきましたが、今回は全編アルペジオでの「しっとり」バージョンです。

秋なので。


2019.11.10 Sunday

白浜久×榎本高 Live at HARNESS

初ハーネスライヴ無事終了しました。
足を運んで下さった皆様ありがとうございました!
また、行こう!とは思っていたけで都合がつかなかった皆様もありがとうございました!
ライヴ続きますので次回は是非!
ではセットリストを。ALLカバーのセット楽しんでもらえたでしょうか?

1.やさしさに包まれたなら(松任谷由美)
2.Belief (John Mayer)
3.何のために(狩野良昭)
4.港タクシー(鈴木亜紀)
5.積み荷のない船(井上陽水)
6.Supersonic(Oasis)
7.僕のライフ(狩野良昭)
8.長い坂の絵のフレーム(井上陽水)

<セッション 白浜久・小山卓治・榎本高>

1.What did you sey
2.11月13日に思ったこと
3.クリスタルレインドロップ
4.Rockin' in the Free World

まぁ、それにしても自分のメニューは多方面に散らばっている感じですね(笑)。

自作の曲が少なかったころにこれらの曲を懸命に練習し、自分で「歌う」という作業を後押ししてくれた曲の数々です。
久しぶりの曲も多々あり歌ったことで自分の出来るようになったこと、まだ足りない部分も確認出来た気がします。
そして名曲ばかりであることも再確認。

さぁ!来週は昨夜ゲストで出てくれた小山卓治さんとの2マンジョイント。
今年の「Twin Liveシリーズ」の最終回になります。勿論卓治さんとのジョイントもあります。
代々木で待ってます。

おっとその前に今日はセッションライヴですね。今日は徹頭徹尾ベーシストです。

セッションライヴin四谷DOPPO

2019年11月10日(日)四谷DOPPO
https://doppodoppo.wixsite.com/soundcreekdoppo
【出演】川村賢太郎バンド/SHIZUKA&よしもも
【開場/開演】17:30 / 18:00
【Ticket】¥2000+1ドリンク

川村賢太郎バンドに参加します。出演時間は18:00の予定です

「Twin Live vol.8 小山卓治&榎本高」

2019年11月16日 (土) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】小山卓治/榎本高
【開場/開演】17:30/18:00
【Ticket】3000円+2drink


2019.11.08 Friday

阿佐ヶ谷ハーネスに初参戦

狩野チャンや高橋研さん、勿論卓治さんもよくやっている阿佐ヶ谷ハーネス。
行った事もまだないんです(申し訳ない!)。

白浜さんの誘いで初めて出演します。
初めての場所でやることの不安もちょっとあったり、ワクワクする部分もあり複雑な気分です。

先月の分離派書房とのアルティカライヴと16日の卓治さんとのアルティカライヴに挟まれた明日のライヴ。
久しぶりにカバーをメインにしたメニューを考えています。
かなーり久しぶりの曲もあります。
よくよく考えてみれば歌った回数の少ない曲だから「自分でハードル上げた?」って感じもしてます。
でもさらって練習してみるとやはり名曲ばかり。

明日の終わって全曲言い当てられる人がいたら相当マニアックだと思います。

是非阿佐ヶ谷ハーネスへ!



2019.10.28 Monday

Twin Live vol.7 分離派書房&榎本高

無事終了しました。
足を運んで下さった皆様ありがとうございました!
また、行こう!とは思っていたけど都合がつかなかった皆様もありがとうございました!
ライヴ続きますので次回は是非!
ではセットリストを。

M8〜10は分離派書房とのセッション。

1.散歩に行こう
2.What did you sey〜Driftin' Blues
3.秋の憂鬱
4.Wish You Were Here
5.苛立つ年頃
6.再会
7.限りあること

8.Honky tonk women
9.サルタン怒りの理由
10ラストニアン・ラプソディ

11.いつまでも仲良く

分離派書房とはアコーディオン佐藤史朗氏とバイオリン奏者中井一朗氏とのユニット。何と昨日がデビューライヴ。
言うまでもなく旧知という言葉では足りないくらいの間柄ですが、分離派書房としては初ライヴとの事で見ているこちらも最初はやや緊張しました。
しかし長年培われてきた演奏力とふてぶてしさ(?)でその心配は杞憂。
EL&Pの曲のカバーを新しい切り口でやるなど見ていてとても楽しめました。

そして自分のセット。
まぁまぁですかねぇ・・・(笑)。

M-2の「What did you sey」は白浜久氏のカバーですね。
毎度のことではありますが、最後の曲が終わった瞬間から「もう一度最初からやりま〜す」って言いたくなってしまうものです。
なんで本番というのはああにも目論んだようにいかないもんですかね。

とは言え普段は佐藤氏率いるプラネタリウムでベーシストとして見ていてくれたお客さんで、初めて私の弾き語りを見てくれた方々も多数いて評判は概ね良好。安心しました。

さてもうすぐ11月ですが両巨頭とのライヴがガンガンと続きます。自分の年代的にはゴジラとガメラって感じでしょうか?(笑)。
まず最初はこちらですね。個人的にはハーネス初参戦です。

そしてその次はこれですね。

「Twin Live vol.8 小山卓治&榎本高」

2019年11月16日 (土) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】小山卓治/榎本高
【開場/開演】17:30/18:00
【Ticket】3000円+2drink

 

 


2019.10.20 Sunday

2019.9.28 榎本高 at 代々木アルティカセブン 「Belief」

 

先日の「久高泥酔」のジョイントライヴからの一曲です。

John Mayerのこの曲を歌たいと思って練習を始めてから10年近く経つのではないかと思います。
サビの一行を歌えるようになるまで何日もかかった記憶があります。
ソフトを使って一小節毎に切り分けて、拍アタマがどの言葉のどのスペルにかかっているかを図にして憶えていきました。

出来が良かったかどうかは分かりませんが、取りあえずここまでは出来るようなった事が嬉しく今回の一曲に選びました。

 

「Twin Live vol.7 分離派書房<中井いち朗(vln) & 佐藤史朗(acco)>&榎本高」

2019年10月27日 (日) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】分離派書房<中井いち朗(vln) & 佐藤史朗(acco)>/榎本高
 【開場/開演】16:30/17:00
【Ticket】2800円+2drink


2019.09.27 Friday

明日になりました。

白浜久プロジェクトのアコースティックユニット「久高泥酔」のライヴ明日になりました。

各自のセットの中で色々なコラボレーションが見れるセットになりそうです。
自分はトップで秋を感じてもらえるようなメニューを組み立てています。
その後は言えません・・・(笑)。

是非会場でお楽しみください。
お待ちしています!

2019年9月28日(土)代々木アルティカ7
http://www.artica7.live
【出演】白浜久/榎本高/The Day Sweet(多田暁/扇田裕太郎)
【開場/開演】17:30/18:00
【Ticket】3000円+1ドリンク

 


2019.08.13 Tuesday

2019.7.20 高橋研&榎本高 at 代々木アルティカセブン 「レジスタンス」

 

いつものようにTKC.Nさんの協力でアップしています。


2019.08.13 Tuesday

2019.7.20 榎本高 at 代々木アルティカセブン 「ハイウェイ#99ヴァガボンドムーン」


2019.07.21 Sunday

Twin Live Vol.6 高橋研&榎本高

無事終了しました。
選挙直前の忙しい土曜にも関わらず足を運んで下さった皆様ありがとうございました!
また、行こう!とは思っていたけで都合がつかなかった皆様もありがとうございました!
ライヴ続きますので次回は是非!
ではセットリストを。

M9〜11は高橋研さんとのセッション。
M12はそこに狩野チャンも加わっての豪華セッションになりました。

1.ハイウェイ#99とヴァガボンド・ムーン
2.Drive to the moon
3.君は僕の心の支え
4.モバイル
5.僕のライフ
6.Nuclear Rain
7.3月のあの夜
8.11月13日に思ったこと

9.Before You Accuse Me
10.性と文化の革命
11.レジスタンス
12.翼の折れたエンジェル

<EC>散歩に行こう

えーと疲れました(笑)。
でも出演を快諾してくれた高橋研さんに感謝感謝。
久しぶりに見るライヴにやはり積み重ねてきた物の厚みを感じました。

今回研さんの曲をカバーさせてもらいましたが、自分で書く曲よりもはるかに難しくやはり歌の上手い人が書いた曲なのだなぁと感じました。とても良い勉強になりました。
また研さん、もとい研鑽を積んで共演出来たらなぁと思っています。

さて次はいよいよフジロックです。

フジロック2019 白浜久プロジェクト/小山卓治

2019年7月26日(金)新潟県苗場スキー場 ステージ:Orange Cafe

【出演】gtr&vo:白浜久/gtr&vo:小山卓治/
gtr&vo:扇田裕太郎/bs&vo: 榎本高/drums: 西川貴博/pet&vo: 多田暁
【出演時刻】15:30〜16:30
【詳細】https://www.fujirockfestival.com


▲top