私的なブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.08.16 Wednesday

今夏の安曇野

恒例の安曇野の山荘に滞在してきました。

今回もGWに続き庭作業に明け暮れていました。やはり自然の生命力は凄く5月に切った雑木からは物凄い量の新芽が出たようで、「葉がつくだろうか?」という心配はまったく無駄だったようです。
今年のお盆は天候が不順で、快晴の日は一日もありませんでした。
何度も行っている山荘ですが、北アルプスの姿を一度も見る事なく帰ってきたのはあまり記憶にありません。

その雨の影響かどうか、庭作業でうるしにかぶれてしまいました。
長袖のシャツと手袋の隙間の手首の部分ですが、通常ではやられた事がないのですが、小雨交じりの作業のなかで切った漆の枝から落ちてきた雨水でもかぶれる事があると帰ってきてから知りました。
恐るべしうるしのパワー。痒いです。

お盆に行われる安曇野花火大会。
今年もかなり至近距離で見れました。
こちらで開催される花火大会をあの距離で見ようとしたら結構大変そうです。
雨の予報も出ていましたが何とか持ちこたえて音と光を楽しませてもらいました。


帰ってきたらこちらも天候不順は同じようですね。
何か変な夏ですね。

 


19:56 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2017.05.08 Monday

GW直後

今年のGWは天気の良い日が続きました。
やはりこういう時は天気が良い方が何か皆が幸せになるように思えます。
悪天候で行楽地が空いていたりすると、何か物悲しく淋しい感じがしてしまいます。
僕は一週間ほど安曇野の山荘に滞在していました。
昼間の気温はこちらとあまり変わりませんが、朝と夜はやはり冷えてストーブを点ける日が多かったです。
まだあちらこちらに桜が咲いていて、風が吹くと桜吹雪になるという感じですから一月前くらいの季節ですね。


今回の滞在は手入れをしていなかった敷地内の雑木の剪定や伐採が大きな目的でした。
梯子をかけて相当高いところまで上り真っ直ぐ上に伸びた枝を切ったり、高く伸びすぎた木はチェーンソウで根元から切ったり、かなりワイルドな作業でした。
高所恐怖症という事がハッキリ分かりました。梯子を上る際、上に行けば行くほど自分を叱咤激励する掛け声が多くなりました。
「びびるなよ」とか「あと一段行けるぞ。頑張れ」とか。


一番上まで行って鋸で枝を切っていると、結構揺れるのですね。
雑木というのは手入れをしていないと、どんどん高くなってしまって、ひょろ長い弱弱しい木になってしまいます。
そういう木は倒れたりするとやっかいなので根元から切ります。

生命力が強ければ切ったところから、また「ひこばえ」と呼ばれる新しい芽が出てくるかもしれません。
そして切り倒した木は、これまたチェーンソウで切り分けて、お隣さんの家の薪ストーブの燃料になりました。

かなりハードな作業で夜は階段上るのも掛け声かけながらという毎日でした。梯子の上で踏ん張りながらの作業は、いつも使っていない足の筋肉を使うのですね。
とは言ってもやはり安曇野、ちゃんと山菜も食べていましたし合間にちょっとドライヴに行ったりもしました。

 

田植えの季節なのですね。

さて狩野チャンライヴです。

5月11日(木)吉祥寺GB
http://info85594.wix.com/rjgb
【出演】狩野良昭 / 並木瑠璃 / 道塚なな / Yu-ho
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥3000+1drink 専門学生¥1600+1drink  高校生以下¥600+1drink

出演時間は21:15前後の予定です。


22:06 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2016.11.07 Monday

安曇野秋

山荘の冬支度のために行ってきました。
寒さは思っていたほどではなかったとは言え、やはりこちらよりも季節が少し先を行っているようです。
中日の5日(土)は、雲ひとつ無いこれほどの秋晴れはないのではと思える天気でした。

紅葉というのは美しく、そして寂しいものです。

 

それは冬の到来を告げるものでもあり、散っていく生命の儚さを感じさせるからだと思います。
こういった景色に恵まれる日本という国土に生まれてきて良かったと思えます。

そしてもう一つ思った事は、自然の中において人間の存在なんて本当にか弱くちっぽけなものだという事でした。
昨日帰宅した後テレビを点けたら、福島第一原発の今後に関する特集をやっていました。
自分も片棒をかついでいるだけに、本当に何やっているんだか・・・という気分になりやり切れませんでした。


21:23 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2015.10.20 Tuesday

安曇野で感じた悠久の時間

現在我が家は一部リフォーム中で、水道や風呂場が使えなくなっています。
一時避難として三泊四日で安曇野の山荘に行ってきました。
以前は頻繁に行っていたのですが、諸事情が積み重なりほぼ三年振りの滞在になりました。

天気が良く思っていたよりも暖かく、寒さを心配して持っていったフリースや裏ボア付きのズボンではやや暑かったくらいでした。
朝も早めに起きて散歩に出ていました。



紅葉が始まったばかりの林の中を行けば風で木立が揺れる音が聞こえ、小川の流れる音が近づいてきます。
小川に沿って下れば牧場や畑が見えてきます。
このような場所での散歩は気持を和らげてくれるものです。



散歩のもう一つの目的は仲良くなった犬や猫に会いに行くことです。
心配だったのは三年振りという事でした。主のいなくなった犬小屋だけが残っていたりすると、言い様のない空しい気持になります。
幸いな事に古厩の「ジャンプ君」、秋田犬「ハナ」も温泉天満閣の看板猫「クロ」も元気でした。
でも皆歳を取りました。ジャンプ君もハナも顔が真っ白くなっていましたし、クロも温泉の配管が通っている床の上でうたた寝を続けていました。
犬や猫にとって、しかも壮年になってからの3年はとても長い時間に違いありません。
でも会えた事で何かが少し救われたような気持になりました。



振り返れば有明山から北アルプスの稜線が行く手を遮る衝立のようにそびえています。
山は姿を変えることなく、生き物の営みすべてを見守ってきたように思えました。
それは何の思惑も意図ももなく、ただ自然の摂理に沿って、その事に畏敬の念を持つ者に少しずつ恵みを与えてきたのだと思いました。
きっと山に向かって手を合わせたくなるのは、それに対する感謝なのでしょうね。

明日は狩野氏のライヴです。

10月21日(水)吉祥寺 ROCK JOINT GB [太陽よ目を醒せ!] 
http://www.rock-gb.com/new/index.html
【出演】ほっぷ☆すこっち / ジェロニMOND / 狩野良昭 他
【開場/開演】18:30 /19:00
【Ticket】前売り¥2,500 / 当日¥2,800+(1ドリンク)


出演時間は21:30前後を予定しています。

20:50 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2010.01.02 Saturday

2010年ですね!



明けましておめでとうございます。

安曇野は大晦日から降りだした雪が元旦も降り続きました。ですので今日の日の出が初日の出になりました。雪景色の中での正月。何年振り?いや経験あったかなぁ?

今年もよろしくお願いします。

12:18 | 安曇野 | comments(14) | - | - | - |
2009.12.31 Thursday

2009年大晦日

安曇野の大晦日は雪になりました。


10:25 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2009.12.28 Monday

2009年最終稿



みなさんお元気ですか?

またかよって叱られるかもしれませんが、長野の安曇野の山荘に来ています。新年はこちらで迎える予定です。こちらは東京に比べるとかなり寒いです。到着した日は少し前に降った雪がうっすらと残っていました。
この原稿を書いているのは山荘の二階の三畳くらいの小部屋です。楽器とミニアンプ、それからノートPCを持ち込んでこちらでも練習に励んでいます。練習の合間に窓の外に目をやると、松林の開けた方向には遠く北信方面の山が見えます。少し自転車で下ると後立山連峰の名峰の数々も姿を現します。冷気の中で神々しく輝く山々を見ていると、気持ちの中の芯がスッと真っ直ぐになる気がします。

今年も色々な事がありました。楽しかった事、楽しくなかった事。頑張れた事。もっと頑張れたはずの事。正直に言えば、仕事は順調とは言えませんでしたが、色々な人と演奏する機会を得ることが出来て、プレイヤーとしては少し前に進んだのではないかと思っています。自分の中にある楽観主義者の部分が「きっと来年は良い事があるよ」と言っています(毎年かもしれませんが)。

みなさんはどうだったのでしょう?楽しい事ではなく、辛い事の方が多かった人もいるかもしれません。良い事ばかりではありませんものね。でもパソコンの前に座ってこのブログを読んで「またお気楽な事を書いてやがらぁ」と半ば呆れてつつ、少し共感してくれる人がいる事を僕はとても嬉しく思っています。

自分は干支で言えば来年からは5周目に入ります。後半戦かどうかは分かりませんが、前半戦でない事は確かだと思います。年々時間の経つのが早くなってきています。だからこそ一つ一つの事を大切にしてやっていこうと思っています。そして新しい事にも挑戦していこうと思っています。その時は「また無茶しちゃってー」と密かにクスっと笑って下さいね。密かにですよ。
来年もよろしくお願いします。

みなさんも良い新年を迎えて下さい。

12月28日 榎本高

17:37 | 安曇野 | comments(1) | - | - | - |
2009.11.13 Friday

秋の安曇野写真アップ!

こちらからどうぞ。

21:30 | 安曇野 | comments(3) | - | - | - |
2009.11.08 Sunday

秋の安曇野通信

山荘の冬支度のために安曇野に来ています。

昨日。中央高速から見えた紅葉の景色は素晴らしいものでした。特に甲府を越えて諏訪まで八ヶ岳を右手に見ながら走った区間の景色は本当に美しかったです。紅葉の景色も終盤。青い空をバックに赤、黄色、常緑樹の緑に染め上がった里山の景色は、冬を前に極上の着物をまとった日本美人でした。

今日は明科まで足を伸ばし、旧国鉄篠ノ井腺廃線敷にあるトレッキングコースを自転車で走ってきました。廃線跡って何か興味をそそられるものがあります。レール跡があったり、レンガで造られてトンネルなどもあり、走っていると蒸気機関車の音が聞こえてくるような気がしました。そこも紅葉がピークを迎えていました。

写真は帰ってからまとめてアップしますね。お楽しみに。

17:27 | 安曇野 | comments(0) | - | - | - |
2009.08.15 Saturday

安曇野通信3

13日は池田町と松川村の合同花火大があり、14日は安曇野花火大会がありました。特に安曇野の花火大会は、尺玉の破裂音でシャツがビビッと震えるくらいの至近距離で見ました。こんな近くで見るのは本当に久しぶりなのでとても楽しかったです。
しかしこんな大規模な花火大会が、フラフラっと行って簡単に至近距離で見れてしまうのは、やはり人が少ないということなんですね。東京近郊だと、結構大変かもしれません。地元の人はもっと多くの人に見に来てもらいたいと願っているのだと思います。楽に見れてしまう事を喜んで良いのか?悩ましいところなんですね。実は。

今日終戦の日は、大町方面に自転車ロングライド。仁科三湖のひとつ、木崎湖を経由してかつて長野有数の麻の産地だった「美麻」を訪ねます。現在は麻はあまり作ってなく、蕎麦の里として有名です。

木崎湖です。



美麻へ上る途中振り返ると爺ヶ岳が姿を表しました。



美麻の水車小屋です。



麻の資料を集めた「麻の館」で撮った、昭和前半の麻を編む農家の生活です。



麻の館に隣接している蕎麦処で大変美味しい蕎麦をいただきました。本日の走行距離60キロ。

17:40 | 安曇野 | comments(4) | - | - | - |

▲top