私的なブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.15 Wednesday

一体どうなってしまうのやら・・・

またも相撲界で起きた暴力問題。
相変わらずの協会の良く分からない対応。隠そうとしてたんでしょうね、きっと。
暴力は大嫌いですし、ビール瓶で殴ったとしたら言語道断。傷害罪の範疇かもしれません。
ただ出てきていない色々な経緯もありそうな気がします。
お酒が入っていたとしても、ビール瓶で殴りたくなるなんて普通の気持ちじゃないですから。
だとしても暴力が許されるわけではありません。
まして横綱。
例え相手がどんなに生意気で礼儀を知らない奴だったとしても、穏やかにかつ厳しく諭さなければならないのでしょうね。

それが「品格」という事なのでしょうね。
「品格」=その人物から感じられる品のよさ。品位。
「品」=人や物にそなわっていて、外部にあらわれてく好ましい感じ。
(いづれもモバイル国語辞典より)

品格があるものって、自分を含め今の世の中どれほどあるんだろう?って思ってしまうこと多々です。
誇大広告のチラシの裏面に、契約上の制約がホントに小さい字で山ほど書かれているような事が普通になっているような時代です。
だからこそ品格を求めるんでしょうね。力士やスポーツ選手とかに。
ちょっと虫の良い話にも思えます。
マスコミが品格という言葉を連呼する際には、必ずウンザリした気持ちになります。

一方、党の代表を投げ出してしまった小池さんの「品格」は論じられるのでしょうか?
小池さんがリーダーシップを取る政党だから、という気持ちで投票した人も多かったと思います。
品格が無いと言ったら怒られるのなら、「節操」が無いとは言いたいものです。
「本当はアンタ安倍さんのサポーターだったんじゃないの?」って勘ぐりたくなるくらいです。

「節操」=自分の信念・主義・主張をかたく守って変えないこと。みさお(モバイル国語辞典より)

小池魔術によって野党が弱体化したことで安倍さんの鼻息は荒くなる一方。
「戦略的な」とか「最大限の圧力」とか、戦う事が大好きって感じの言葉がガンガン出てきます。
個人的な気持ちですが、これこそ「品格」に欠ける言葉使いに感じます。
聞いていてとても疲れますし、これまたウンザリです。

だからと言って、安倍さんに品格が無いとは言いません。絶対に言いません。
全て個人の思う「感じ」の話であって、絶対値があるわけではないのですから。
司馬遼太郎の作品の中に、
「正義というのは人類が作り出した最大の虚構かもしれない」
というような事が書かれていたのを思い出します。
「正義」という言葉の下に、多くの戦争が引き起こされてきた事を考えれば、「品格」なんて言葉も同じような危うさを持っている言葉のように思えます。


22:07 | 日記 | comments(2) | - | - | - |
2017.10.25 Wednesday

選挙が終わって

投票前と投票後に選挙については書こうと思っていました。投票前はこちら。
ただ選挙前に書いたものと同じように、辿り着く場所のない文章になってしまう気が既にしています。ご容赦を。
結果を簡単に言えば「安倍ちゃん、もっと行っちゃってくれ!」という事ですよね。
ただ少し煩さ型も残しておくか・・・という事で共産党よりやや柔らかめの「煩さ型」立憲民主党が、戦後最少数の野党第一党になったというわけです。

まず最初に思う事は、この結果は凡そではありますが2人に1人しか投票していない選挙の結果だという事です。
前回も書いたように投票するしないは個人の自由ですから云々するつもりはありませんが、投票に行かなかった人たちもこの後に起こる事を引き受けなければいけませんよ、とは言っておきたいです。
投票しなかった事もその後の政治には影響は与えるわけですから、「俺、投票してないから関係ないよ」は駄目ですよ、という事です。
残念な話ではありますが。

二つ目は選挙の仕組みです。
今朝新聞を見ていたら、当選者の得票数より別の選挙区の落選者の得票数の方が多いケースがあるのに気がつきました。
それと以前から言われている「一票の格差」という事もあります。
ここから感じるのは、今の時代国会議員を小選挙区、つまり地域の代表として選ぶ必要がどこまであるだろうという疑問です。
国会議員の扱う案件は外交や対外経済政策、国内政策においては大きな枠組みにとどめ、地方自治にもっと権限を与えていくのが良いと思えます。
国会議員が地域に利益を誘導するための代表という考え方は、かつての強い中央集権=「お上」という構図のままのように感じます。
ちょっと細かくは見てないので想像ですが、各党の総得票数と実際の議席の割合にどれくらいの乖離があるかですよね。
「死に票」が多く出てしまう国政選挙の仕組みが良いとは思えません。
策となると比例代表をもっと増やすという事ではないでしょうか?かつて「全国区」という枠があったように。

個人的には前回書いたように自分が「保守」である事を最近強く感じています。
問題がないわけではありませんが、日本は平和な良い国だと思っていますから大きく変わって欲しいとは思っていません。
なので今までのあり方を大筋においては「是」としているのです。
「保守」=「良くない」というイメージは以前より薄れてきています。これは歳のせいかもしれませんね(笑)。
ただ「権力」というものに対しては、常に警戒心を持っています。
少し悲観的かもしれませんが、権力は監視を怠れば必ず暴走するものだと思っています。
報道番組で知ったのですが、安倍首相は権力行使に関して相当積極的のようです。
多くの人はそれを支持したわけですが、自分としてはやはり煩さ型のお目付け役が必要だというのが投票判断の基準だったと思っています。
蛇足ですが安倍首相って「保守」なのか?って感じました。今まで使われていた意味とは違った「革新」なのかもしれないなって。

番外編としては希望の党の小池代表と民進党の前原代表について。
やはり世の中はある部分気分で動いていると強く感じました。
気分の「気」は人気の「気」。何か説明のつかない人の心ですよね。
「それは言わないだろう!」とか「潔くない」とか感情に由来するものです。
小池代表あまり好きじゃないのですが、大敗してマスコミにボコボコにされているの見ると、ちょっと可哀相になってしまいました。
でも、「鉄の天井が・・・」とか言ってるのを聞くとまた嫌いになってしまったりするので、自分も気分で動いているなぁと反省いたしました。

長くなっちゃいましたね。どうなるでしょうね、今後の日本は?
それとは別に自分のライヴが近づいてまいりました。

11月1日(水) 吉祥寺 GB
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】T-フェリンス/Yu-ho/榎本高/他
【開場/開演】18:30 /19:00
【Ticket】前売り¥2,500 + (1ドリンク)/ 当日¥2,800 + (1ドリンク)

榎本高は4番目21:00前後の出演予定です


20:21 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.10.19 Thursday

雨の日のぼやき

雨の日の朝はやはり車が多くなって、作業場へ向かう道の渋滞ポイントの車の連なりが長くなります。
それでも歩いて駅に向かう人や、雨にも関わらず自転車に子供を乗せて走るお母さんを車窓越しに見ると、車のありがたさを感じます。
大きな傘を差してしっかりした長靴を履き雨を楽しむように歩く親子を見つけました。
慌しく道を急ぐ人が多い中で、少しほっとした気持ちになります。
そうだよなぁ、時間に追われていなければ雨も存外悪いものじゃないんだよな。

嫌がらせ脅迫運転によって起きた東名高速の事故を契機に、そのようなひどい運転について取り上げられる事が多くなりました。
そこまで悪質なドライバーに遭遇した事はありませんが、夜や雨の日など安全運転を心がけて少し車間距離をとって走っていると、後ろに張り付いてきて蛇行運転を繰り返すような車はかなりいます。
多少車間距離は大きめではあっても、前の車は見えているしその先も車が連なっているのに何故そういう行動に及ぶのかは全く理解出来ないところです。
ある特集では車を「鉄の鎧」と表現していました。車に乗っていることで気が強くなり日ごろの鬱憤を晴らすような行動に走ってしまうのかもしれません。

今日も渋滞の中、前方の信号で対向車線の軽自動車が右折しようとしているに、自分の前にいる10台以上の車が譲らない光景を見ました。右折車がいることでその後ろの大型車は直進出来ずにいて更にその後ろもという状態が見えているにも関らずです。
ちょっと想像するというゆとりすら失ってしまったのでしょうか?嫌がらせ運転も含めて世の中の多くの人は自分勝手になってしまったのでしょうか?
でもそういった経験が、交通量のある道にある信号機のない横断歩道を渡ろうとしている歩行者のために止まる時に、かなり大きなプレッシャーを与えています。
こちらが止まっていても対向車線の車が気がつかないと歩行者は渡れませんからずっと待ち続けなければなりません。そして自分の後ろにはどんどん車が繋がってゆく。
案外気がついてもらえない時が多いのです。何か凄く大きな無言のプレッシャーを感じます。後ろに繋がった車がイライラしているんじゃないかとか・・・被害妄想的考え過ぎですかね?

今朝、プロ囲碁棋士を打ち負かしたAIを破る新たなAIが出てきた記事を見てちょっとショックを受けました。
今までは人の対戦記録を学習データーとして入れ、それを元に自己学習するというものでした。
今回のAIはその学習データーを入れないものだそうで、恐らく囲碁のルールだけを入れて自己学習させるものだったようです。
見出しには「独学」と出ていました。
人の経験値というものさえさほどの意味を持たなくなってきたAIと共存していく未来を考えると少し寒気を感じました。
AIも大事かもしれませんが、磨耗してきている私たちの想像力を取り戻す作業の方が大事に思えるのです。

10月23日(月) 吉祥寺 GB [SOUL SONGS]
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】HROMIi / 狩野良昭 / 他
【開場/開演】18:30 /19:00
【Ticket】¥2,800 + (1ドリンク)

10月23日(月) 吉祥寺シルバーエレファント《Art Rock Summit》
 
http://www.silver-elephant.com
【出演】プラネタリウム<佐藤史朗(acco)、榎本高(b)>/ TELESCOPE ROAD (from France)/ SHEEP
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前売 3,000円+1drink 当日 3,500円+1drink

プラネタリウムはトップの出演で19:00〜19:50の予定です

 


20:01 | 日記 | comments(1) | - | - | - |
2017.10.16 Monday

選挙

選挙について書こうとすると何を書いていいのやらという気持ちになってしまいます。
選挙権を行使しない自由もありますから、棄権することを「悪」だとは思いませんが選挙には行ったほうが良いと思っています。
以前から書いているように、白紙投票という形でも投票率を上げる意味はあると思います。
投票率の低い選挙は為政者の横暴を許すきっかけになるからです。

じゃどこに投票するのか?となると困ってしまいます。
特に今回は、解散した与党もひどいけど野党もドタバタ劇が続く中での選挙。やはり白紙投票か・・・。
フト思ったのですが、選挙というのは自分が求める日本の姿を実現してくれそうな人に権限を託すという事ですよね。
その「自分の求める日本の姿」というのはどういうのかと言えば・・・。
案外ボンヤリとしているんですね。もうちょっと考えてみると案外満足しているのではないかとも思えてきました。
勿論色々な問題がある事は事実ですが、例えばシリアやイラク、貧困や食料不足といった問題を抱えるアフリカの国に比べればはるかに住みやすい良い国です。
つまり「今まで通りで良いし、あまり変わって欲しくない」というのが本音で、これって「保守」って事だなぁと改めて気がつきました。

じゃ現政権与党や緑のオバサンの党かというと、そうでもないんですね。これがまた捻くれているところで。
権力は力を持つと暴走を始める危険性があるので、お目付け役のような存在も一定数が必要だと思っているわけです。
今までの自分の投票も振り返ってみるとそういう基準で選んでいました。政策とかも厳密には分からないですし、分かろうと努力しているかと言えば・・・ですね。
敢えていえば特定のところに多数を与えないこのバランスは、物事が最も決まり辛い状態とも言えます。だから大きくは変わらないだろうという事で、本当に保守だわぁ(笑)。
北朝鮮があんな状態の今、日本は防衛はどうするの?アメリカにずっとべったりで良いの?と色々問題が多い中この考え方が良いのかはちょっと揺れてはいるのですが・・・。

ただ、あまり政治というもので大きく世の中が変わって欲しくないという気持ちがあるのです。
政治色が突出してきてる感じってなんかきな臭く感じてしまうのです。
要するに私たちがもっと動かなければということになるわけです。
考え方を整理するために選挙について一回は書かなければと思っていましたが、やはり何を書いてるのやらという気持ちになってしまいました。

あと一週間かぁ・・・。


19:19 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.09.30 Saturday

明日は江の島で

桐ヶ谷仁さんの江の島虎丸座でのライヴ明日になりました。
去年に続いて2回目の参加です。
そして今回のドラムはお馴染みの田中徹師匠です。
またまたAORのリアルタイム経験者の参加となり、サウンドはますます良い感じになってきています。

明日は天気も良さそうです。
しらす丼を食べて(10月は漁獲量の多いシーズンだそうです)ライヴというコース如何ですか?

桐ヶ谷仁 SUNSET LIVE VoL.5 feat.yoshie

2017.10月1日(日)江の島 虎丸座
http://www.toramaru.net/
【出演】Vo&Gtr:桐ケ谷仁/Drums:田中徹/Bass:榎本高/Gtr:渡辺具義/Key:古垣未来/SAX & Key:寿田道陽/feat.Vocal:yoshie
【開場/開演】16:00/17:00 開演
【Ticket】前売:4,800円、当日:5,300円(軽食付き・ドリンク別
前売り予約は「虎丸座」0466-22-5780
http://www.toramaru.net/


10:01 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.09.13 Wednesday

近況報告

やっと庭の草刈が一段落しました。

「やらなければ、やらなければ」と思い続けてはいるものの、億劫なので手をつけずにいると凄い勢いで草が伸びていくのを横目で見つつ、果てしなく憂鬱になっていく「緑」恐怖症みたいな感じでしたが何とか終了しました。
まったくもってバカ話なのですが、刈払機のあまりの切れなさに「これは刃というものがないではないか」とやっと気がつき新品(1,000円弱)を購入したところ、あまりの切れ味の良さに卒倒しそうになりました。

なので最初だけだと思いますが使用後はちゃんと研いでいます。同時にちゃんと研がれた刃物の威力も改めて感じました。
刀などを作る作業が神事に近い感じなのも分かるような気がします。

今年は花海棠に沢山の実が成っています。確か花海棠はリンゴか梨の種なのですよね。下の写真は4月ごろに咲く花海棠の花です。

ちょっと摘んで食べてみると、渋〜い味です。果実酒に出来るという話を聞いたこともあるので調べてみたのですが、「出来るけどあまり美味しくはない」というような声が多く断念しました。

秋が深まるともう少し色づくのでしょうね。
昨日までの天気とうって変わって今日は夏が戻ってきたようです。
お察しのように、ここのところの気温変化についていけずやや体調不良です。
猫もちゃんと考えて(尻尾は日陰から出ていますが)日陰に入り体を労わっています。

携帯向け配信サイト「Itadaki」へアップを目指して、アコギでの弾き語り一発録音を続行中です。
何の自慢にもなりませんが、中々良いテイクが録れません。
ただ少なくとも弾き語りライヴに向けての良い練習にはなっているはずだと言い聞かせながら頑張っている毎日です。

10月8日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】榎本高/ Infnite Light/他
【開場/開演】未定/未定
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

詳細は後日アップします。


21:47 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.08.30 Wednesday

8月中に書きたかったこと

作業場の上空は米軍厚木基地の航路になっているらしく、時折ジェット機が轟音を伴って飛んでいきます。
昨日早朝の北朝鮮のミサイルの発射があったせいか、昨日今日と数が多い気がします。
あるいは、そういう事があったから飛行機の音に敏感になっているだけなのかもしれません。
フト思ってしまうのですが、太平洋戦争に突入する頃の日本の立場は今の北朝鮮に近いものだったのかもしれません。

このブログになる以前の「私的なコラム」の時代から、8月になると戦争についての自分の考えを良く書いてきました。
ここ数年そういったテーマで書く事が少なくなってきたと思っていました。
勿論実際の戦争体験者ではないわけですが、それでも何か自分の中での「風化」が始まっているようにも感じていました。
今年のお盆は安曇野に行ってたのですが、その間録画しておいた太平洋戦争に関する多くのドキュメンタリーをほぼ見終わりました。
特に印象に残ったのは、日本陸軍が行った「インパール作戦」を特集したものでした。
作戦立案の時点から不可能と言われていた作戦が、実施されてしまった理由が陸軍上層部の派閥や人間関係の力学であったり、面子だったのには心底驚き怒りすら感じました。
それによって現場の兵士3万人が死んでいったわけですから。
この作戦を遂行した司令官や参謀の殆どは死ぬ事なく終戦を迎えました。
対峙したイギリス軍の取調べを受けた際に、
「この作戦失敗の責任は誰にあるのか?」
という質問を受けたのですが、全員が弁解と責任の擦り付け合いをしたと記録されています。
作戦総司令官は晩年になっても、インパール作戦は間違っていなかったというような記録を残したそうです。

戦争は恐ろしいものです。でも戦争よりも恐ろしいのは人そのものなのではないかと思いました。
付け加えれば、人が作る「組織」というものです。
「組織」は暴走を始めると、個人の「感性」を無くすことを強要したり責任を曖昧にするのです。
個として到底あり得ないような判断も、組織の空気の中では正当化されてしまう、そういう過ちは今日でも繰り返されていないでしょうか?
「組織」の最大のものは「国家」という事になるのでしょう。
人は群れに属しているという安心感も必要とします、でも時には「個」に帰って考える必要もあるのです。
北朝鮮ではそんなことは許されないのでしょう。
でも日本でもそういう姿勢を保ち続けることが、難しくなってきてるような気がしています。
そう感じませんか?

 


18:57 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.08.25 Friday

呟き

呟きを政治的に利用して良いんだろうか?ずっとソウ思っているんですが、今時はそうじゃないのかなぁ?
では正真正銘の呟きを。「呟き」というのは意味のないものなのですよ。

毎日のように茄子を食べます。今年も作業場の庭で栽培していて、去年学んだ「追い肥」もちゃんとやっていて順調です。
よく飽きないなぁと思いつつも、取れたての茄子と獅子唐を焼いて食べると本当に美味しい。茄子はちょっと皮が厚めですが、その分実はジューシー。
味付けは生姜に醤油が定番ですが、ここのところのブームは青じそドレッシング。皮を下にして細火で蒸し焼きにしておいて、最後にひっくり返して強火にしてドレッシング投入。実がドレッシングを吸い込んでええー感じ。
そして本物の紫蘇は刻んで蕎麦の薬味にします。
ホントに良く飽きないものです。
そういえば昨年何回か共演したS.T.Uのイケメンベーシスト安藤君も茄子好きだと言ってましたっけ。

オーディオテクニカのマイク4040をもう一本購入して録音中の毎日です。

4040を選んだ理由はこの価格帯では一番ナチュラルだという評判だからです。
通販会社のレビューなどを読んでも、「上手い演奏(歌)は上手く録れ、下手な演奏(歌)はちゃんと下手に録れる」というのが多かったです。
新曲作りと共に今までライヴでやってきた、一人弾き語りのスタイルを録音してチェックしています。
レビューは本当でしたね(笑)。

きっかけは改めて聴き直したディランのこのアルバム。

全曲一発録りでテイクワン。ダビングはなしです。歌だけでなくディランのアコギは本当に凄い。
地球からアンドロメダ星雲くらいの距離的実力差がありますが、「これだな。弾き語りとは。」と思っちゃったわけです。
実際録音してみると、ホントにそれくらいの差がありました(笑)。

でも良いんです。いつも習いに来てくれる生徒さんにも言ってます。
「手っ取り早く上手くなる方法は二つ。人前で演ることと、録音して聴いてみること」

残暑ではありますが、夕陽の傾き具合に秋近しを感じますね。
呟きというのはこれくらい無意味なものじゃないとね・・・・。

ライヴが近づいてきました。

9月4日(月)吉祥寺GB
http://info85594.wix.com/rjgb
【出演】URiTAi/Yu-ho/榎本高/IRON GRAND/MONTANA/他
【開場/開演】18:00/18:30
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink
大学生/専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

榎本高は3番目 19:35前後の出演予定です


22:19 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.07.18 Tuesday

立ち寄った新宿御苑で思う

3連休の真ん中の16日、用事があって新宿に行き2時間半ほど待ち時間がありました。
場所は新宿御苑のすぐ近く。新宿御苑の駐車場は値段が安いのでそこに駐車して、ならば新宿御苑に行ってみようということになりました。
入って正面に見える芝生の広場を見て思い出したのがロンドンの公園。ハイドパークとかね。
それもそのはず。ここはイギリス風芝生広場と書かれていました。

ロンドンの公園は主に皇室の元狩猟場。新宿御苑は元大名屋敷。生い立ちも似ているといえば似てます。
それにしても3連休なのにこの人の少なさ。芝生に自由に入れて木陰もあるというのに。


人はむしろ海や山に出かけているのかもしれないと思いましたが、邪推の部分では禁止事項が多いからなのかなぁと思いました。
どのようなものかといえば・・・

アルコール持込禁止
火気厳禁
椅子テーブル持込禁止
ボール等の遊び禁止
ペット入場禁止
楽器ラジカセ等持込禁止

お弁当持ってきてシートひいて食べる分には何も問題ないようですが、昨今のレジャーの必要アイテムはかなり制限されています。
かつて(かなり前ですが)ロンドンの公園色々巡りましたが、これほどの禁止事項が多い場所はありませんでした。
我が国に良くある禁止事項の羅列を見ると、ゲンナリそして少し悲しくなります。
管理側の事なかれ主義もあるとは思いますが、禁止されている事項が問題になった経緯があることも容易に想像出来てしまいます。上野の花見とか見ればね・・・。

ハイドパークの芝生でゴロっと横になっていると犬が芝生の上を楽しそうに走っていたり、子供がラグビーボール抱えてタックルの練習していたりしてました。
かたやバーベキューセット持ち込みや、大型ラジカセでガンガン鳴らしている集団などを見たことがない気がします。
きっとそうことはしないんでしょうね。いたとしても奇異な目で見られるのだと思います。
そんな芝生広場でストーンズのコンサートが開催されたりもするわけです。
何か違いますよね。

おかげで(良いんだか悪いんだか)新宿御苑でとても静かなひと時を過ごすことが出来ました。
小学校2年まで新宿に住んでいたので、何回か来たことがありました。
何かもう少し木が少なかった記憶だったのですが、50年経っていることに気がついて「あぁ当然か」と思いました。
それだけの時間があれば木も育ちますよね。
私たちは成長したのでしょうか・・・?

 


21:50 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.07.11 Tuesday

梅雨はどこへいってしまったのでしょうか?

というような天気ですが、九州は豪雨の被害が出ています。
世の中が荒っぽくなると、天気も荒っぽくなるのでしょうか?
35度なんて気温があまり驚きを感じなくなってきた昨今ですが、自分が子供の頃は30度超えるとちょっと話題になるような感じだった記憶があります。

自転車移動の途中に休むのはやはり木陰です。大きな桜の木陰は体だけでなく、心を落ち着かせてくれる安心感があります。

そうだよなぁ、木をガンガン切って地表をアスファルトで覆ってしまったら気温も上がるよなぁ、と実感するひと時です。

鶴見川沿いで遊歩道を横断中の亀に遭遇。

結構大きく自転車とかに激突するとお互い惨事になりそうなので、川方面に誘導してあげました。
ミドリガメでしょうか?確か外来種ですよね。
ヒアリしてもそうですが、別に来たくて来ているわけではないですよね。
何か可哀想な気もします。

蒸し暑い毎日ですが、ブルースを良く聴いています。レイボーンやロバート・クレイ。フレディ・キングなどなど。
暑苦しいかと思いきやそうでもないんですね。
音を詰め込み過ぎている最近の音楽よりもずっと風通しが良く爽やか。


20:13 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

▲top