私的なブログ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.10.27 Tuesday

遊行寺でチョコモナカを食べながら

Facebookで写真を上げた昨日の江の島の帰り道藤沢の遊行寺に寄ってみました。


正月の箱根駅伝でアナウンサーが「間もなく遊行寺の坂です!」と良く叫んでいるあの遊行寺です。
疲れた体には甘味だな、と森永製菓のチョコモナカをバックに入れて自転車を惣門に停めていろは坂を上り本堂へ。
まずは阿弥陀如来さまにご挨拶をして境内のベンチでチョコモナカ。
本堂の戸は開いていて阿弥陀如来像を拝むことは出来たのですが、やはり写真を撮るのは不遜な気がしました。

大きな屋根の上をゆっくりと雲が流れていきます。

そんなゆったりとした時の流れの中で思うことはアメリカの大統領選挙の酷さだったり、権力志向に強く傾いている日本の政治のことだったりします。
そして更に踏み込めば実体のない「お金」というものが価値観の中央に強く根を張ってしまっている今の世の中のことについてです。
「物欲」というものに取りつかれたような世の中は一体何処へ向かっていくのだろう?悲観的に言えば結局破綻してしまうのではないだろうか?
そんな疑問と不安が交差します。

境内には樹齢700年ともいわれる大銀杏があります。

700年前といえば日本は鎌倉から室町時代。「太平記」の時代です。
奇妙な一致ですがヨーロッパではペストが大流行して人口の半数以上が死亡したとされています。
その時代から同じ場所に立ち続け人の業にまみれた世の中を見続けてきた老木は今何を思うのでしょうか?
米選挙の酷さも劣化に突き進む日本の政治も、
「結局は君たちの成せる業だよ」
と静かに語るように思えてなりません。

そしてそのような世の中を見たら一遍上人は何を語るのでしょうか?
大きな屋根の上をゆっくりと雲が流れていきます。


15:06 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.10.25 Sunday

秋晴れ

久し振りに2日続けて自転車移動。
コロナを言い訳に怠惰な生活を続けてしまって、自転車に乗る機会もグッと減ってしまいました。
年間8000キロくらい乗っていた時期から比べれば10分の1以下かもしれない。
かつてのようなスピードで坂を登ったりは出来ないけど、足の筋肉はまだ記憶のようなものを持っているようにも感じます。
本当に記憶が消えてしまわないようにしないとね。

先週は庭木の剪定をやりました。

夏の間に伸びてしまった落葉樹の枝を間引く作業です。
減らしておかなないと落葉の際に道路とか隣の家にも沢山落ちてしまいます。
全部間引いてしまえば落葉もなくなるので楽と言えば楽なんですが、やはり少しは紅葉も楽しみたいということです。

渋柿であってもやはり秋を感じさせてくれる色です。

そして今年は椿や山茶花の花芽がかなり良い感じです。冬に期待が持てます。


晩秋に向かってますね。

youtubeアップしました。


13:36 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.10.16 Friday

ゆっくりと

秋が深まっていますね。
先週はこのブログにも何度も登場している安曇野の山荘に行ってきました。
今年はコロナのために一度も行くことが出来ませんでした。
庭の状態も心配だったのですが、伸びた枝や下草を刈って取り合えず何とかなりました。
成長が早いので一年以上手入れをしてないと、次にやる時がかなり大変な作業になってしまいます。
横浜ナンバーの車で走るのはやや気が引ける感じもありましたが、良く温泉に入りにいっていた旅館も営業していないような感じで、コロナの影響なのかもしれないと思うと複雑な気持ちにもなりました。
帰りはのんびりと甲府あたりまで国道20号を走ってきました。
高速は確かに便利ですが、時間をかけて移動する方が楽しいように思えます。
途中、諏訪湖では八ヶ岳がきれいに見え紅葉も始まっていました。


もう10月も後半ですね。

youtubeに動画アップしました。

 


18:09 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.10.03 Saturday

ライヴそして配信について

ライヴが終了して3週間が過ぎました。
前回同様来場下さった皆様、スタッフそして僕自身にも体調が悪くなった人はいませんでした。
コロナ状況下に於いてまずは一安心というところです。

そして9月末に配信会社の方から今回の視聴者数の報告がありました。
前回よりも増えていまいした。
個人情報保護の関係上誰がアクセスしてくれたのかは教えてもらえないのですが、この場で改めて視聴して下さった皆様に心からお礼を申し上げます。

配信ライヴは本当に手探りでやっています。
正直今までカメラを意識しながら演奏するということはしてきませんでした。
もっと言えばカメラというものが苦手ですから。
でもここまで書いていて気がついたのですが、「歌」というものも全く同じでした。
きっと「自分が映ったものを良くする」ということにちゃんと向き合っていけば、何か「形」が出来るようには思えています(時間はかかるでしょうが)。
なので作業場での弾き語りも配信出来ればとカメラを毎日廻しています。
まぁ見るのが苦痛の連続ですが、「歌」もそうでしたから。
こちらは「生」ではないので編集も出来ますし時間もかけられますしね。
いずれアップ出来ればと思っています。
歌は「50の手習い」でしたから「映像」は「60の手習」ですね(笑)。

 


18:13 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.09.29 Tuesday

大変ではあるのですが。

2日かけて草刈りと袋詰めが終わった。
45ℓの袋7個分。

草が伸びる前に小まめにやればすべての作業が楽なのが分かっているのにやらない自分を責めるべきか、それでも2日間奮闘して何とか終わらせた自分を誉めるべきか。
次の作業はは庭木の剪定になるのだけど、低い雑木の何本かを根元から切ってしまおうかと思っていました。

花が咲くわけでもなく、何か実が成るわけでもないけど、毎年枝は伸びて剪定はしなければならないのがちょっと億劫になってきました。

でもその雑木を見ていて思ったのですが、確かに花も咲かないし実もならない。
でも私たち人間が性懲りもなく未だにせっせとまき散らしている一生懸命二酸化炭素を吸収してはいるのですね。
ちょっと根元から切ってしまうのはどうかなという心境になってきています。


18:28 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.09.28 Monday

秋になりました。

久しぶりに晴れた。
秋は空が高い。

夏の後半挫折してしまった庭仕事を再開した。
まずは草刈り。今日は半分くらいまで終了。

伸びすぎた庭木の徒長枝の剪定、上の写真の中央にあるマルチを剥がして畑の土のメインテナンス。
あぁ、やる事は一杯あるなぁ。
でも外で作業をするには丁度良い気温になってきた。
少しずつでもやり続ければかならずゴールは見えてくるはず。
まだ期待を寄せているピーマン。

そして紫蘇は一番元気で実が沢山。


17:33 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.09.24 Thursday

野菜のその後

ライヴが終わって基本的にボンヤリしています。
というのもほぼ同時に酷暑もガクッと終了、なんだか訳の分からかった自民党総裁選も終了。コロナの状態は憂慮すべきなのか楽観するべきなのかも分からず・・・。
録音も再開しなければ、自宅からの配信もチャレンジしなければ、庭の木の選定もしなければ、そうそうブログの更新もしなければ等々「しなければしなければ」と思いつつグッタリし続けていて何も出来ずにいます。
唯一手をつけたのは野菜畑の手入れ。
ミニトマトと茄子は終了しました。
ミニトマトは一応成功でしたかね。

脇芽を摘んでそこから株を増やすのも今年初めて試してみました。
最初の購入した株から摘んだ脇芽の何本かはかなり成長して親株と同じくらいの収穫がありましたが、その株から摘んだ第三世代はあまり上手くいきませんでした。そういうものでしょうかね?
普通の茄子は平均点くらいですかね。
ただ大玉トマトと水茄子は今年は失敗でした。成長は良かったのですが実が上手く育たなかったですね。
病気ぽい感じでちょっと可哀そうでした。去年は何もしなくても上手くいったのですが。


そしてピーマンと万願寺唐辛子。
この2×2本は先日本当に強い剪定をして残してみました。
するとまだ出来ますねという感じです。特にピーマンなどは以前より実の成長が早いようです。
教訓としては選定は早目に強くでも良いのではないかと思います。
ついつい実が成りかけていると剪定しないで枝がどんどん伸びてしまいますが、やはりそこは心を鬼にしてなのでしょうね。
そして最近は茗荷の収穫が少しずつ始まりました。

茗荷は初めてなのでどうやるのかいつ収穫なのかも分かりませんでしたが、先日根元を覆っていたマルチを少し剥がしてみたら結構出ていました。
何か冬野菜もやってみようとは思っているのですが、まだ始動出来ずにいる毎日ですがやはり収穫する時は嬉しいものです。
来週からかなぁ!
 


17:37 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.09.09 Wednesday

あと二日

残り二日。むむむ・・・。
「まな板の上の鯉」にはまだなれないこの時間帯。
色々とあがいてしまいます。
しかし初戦は付け焼刃。状況は悪化します。
「色々考えずに自分の出来ることをキッチリ集中してやる。あとは野となれ山となれ」
この心境になるまではまだ24時間くらいかかる?
このとっ散らかった状況をご覧ください。

榎本高ワンマンライヴ Vol.6

2020/9月11日(金)代々木アルティカ7 
http://www.artica7.live
【出演】榎本高
【開場/開演】19:00/19:30
【Ticket】¥2500+2drink

今回も10人を上限にした完全予約制で開催のため下記のメールアドレスまで連絡をお願いします
0911artica7live@enotaka.com

配信についての詳しい情報はこちらで!


18:24 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.09.02 Wednesday

9月になって

ホントに暑い8月でした。
そしてただでさえグッタリしているところに総理大臣の電撃辞任というオマケつきで、もう何と言うか言葉も出ないという感じです。
そんな8月の最後にコロナの騒ぎになってから自粛していた日帰り温泉に約半年振りに行ってきました。
場所はお気に入りの秦野富士見の湯。
何度も何度も書きましたが、秦野って好きな場所です。
水が良いんですよね。だから何でも美味しいし温泉も良い。
同じ理由でこのブログにも良く登場する安曇野も大好きなのですが、やはりコロナの県をまたいでの移動自粛要請のために今年はまだ行ってません。
植物の成長が早いので何年もかけて手入れした庭がどうなっているか心配です。

コロナどうなっていくのでしょうかね?
なんか行政の方は
「お金なくなりましたから後は自分でやって下さい。それより次期総理。」
って感じではあります。
やはり今年の秋から来年の春までのことは心配です。

ですのでその前にライヴですよね。
恒例の曲目選択に入りました。


今回もワンマンです。
ジョイントライヴは本当は大好きなのですが、コロナも絡まって中々セッティングすることが難しい現状です。
なので平時だと中々やらない(やれない)ワンマンを続けてやれるのもチャンスであり天命かと(大げさかな)。
前回同様配信も入りますし、また違った感じのトライもしてみたいと思っています。
金曜の夜のライヴですから同時配信が見れなくても、配信アーカイヴで土曜日曜ゆっくり見ることができます。
会場で同時配信で、そしてアーカイヴで。

色々な楽しみ方が出来ます。

是非是非よろしくお願いします!

 

榎本高ワンマンライヴ Vol.6<秋>

2020/9月11日(金)代々木アルティカ7 
http://www.artica7.live
【出演】榎本高
【開場/開演】19:00/19:30
【Ticket】¥2500+2drink

今回も10人を上限にした完全予約制で開催のため下記のメールアドレスまで連絡をお願いします
0911artica7live@enotaka.com

配信についての詳しい情報はこちらで!


18:00 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2020.08.26 Wednesday

夢について語るのはあまり意味のないことかもしれない。
夢を良く見る方だと思うし、だからかもしれないけど夢について考えたりすることも良くある。
科学的医学的なことは良く分からない。
ただ不思議な領域だとは思う。それは脳の不思議さと言って良いのかもしれない。

 

細かい描写は違うのだけど同じ状況の夢を見る。
峠に通じるゆるく蛇行した登り坂がある。
その峠の名前は分からないのだけどかつて何度も行ったことがあり、今自分が向かおうとしている峠だ。
なんだ意外と近いところにあったんじゃないかと思う。
ヒョイとその峠に立つ。あまり標高の高い峠ではないようだ。
そこからはアルプスのような高い山が見えるはずだが、霧が濃くて何も見えない。
一瞬霧が晴れる。
すると想像していたより数倍近い距離に巨大な壁のような山があるのがほんの数秒だけ見えまたすぐに姿を消してしまう。
驚くと同時に何とも言えない恐れと、何か大切なものを長い時間かけて失っていいるような心細さを感じる。

 

もう一つ良く見る夢は中学校の同級生だった女の子の夢だ。
特別な付き合いがあったわけではないし、どちらかと言うと目立たない存在だった。
自分の父親のやっていたピアノ教室の生徒だったことくらいが特別と言えば特別かもしれない。
20歳を超えたころに偶然一度最寄りの駅であったことがあった。
詳細は憶えてないのだけれどバスの中で話したのか、駅の近くに駐車場を借りていたから車で送る中で話したのか。
なんか後者のような気がする。
百貨店に勤めていて品物の包装を主にやっている。
包装にも色々種類があってちゃんと資格もあるのよ。
中学時代は軽度の吃音があってあまり人と話たがらなかった彼女が流暢にそんなことを話してくれることに驚いた記憶がある。
それ以来40年近く会ってもいない彼女がホントに10年に一回くらい夢に現れるのだ。
そして
「ラッピングには種類があって資格もあるのよ。知っている?」
とやはり語る。

 

「脳はいらなくなった情報の整理を寝ている間パソコンのバックグランド作業のようにやっていて、夢というのは例えば喉が渇いたりトイレに行きたくなって眠りが浅くなった拍子にそれを垣間見ちゃうってことなんですよ。
だからあまり深い意味はないんですね。」
以前通っていたメンタルクリニックの若い医師はそんなことを言ってたっけ。
あまり長くは通わなかったけど。

 

 

榎本高ワンマンライヴ Vol.6<秋>

2020/9月11日(金)代々木アルティカ7 
http://www.artica7.live
【出演】榎本高
【開場/開演】19:00/19:30
【Ticket】¥2500+2drink

今回も10人を上限にした完全予約制で開催のため下記のメールアドレスまで連絡をお願いします
0911artica7live@enotaka.com


17:58 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

▲top