私的なブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.13 Wednesday

近況報告

やっと庭の草刈が一段落しました。

「やらなければ、やらなければ」と思い続けてはいるものの、億劫なので手をつけずにいると凄い勢いで草が伸びていくのを横目で見つつ、果てしなく憂鬱になっていく「緑」恐怖症みたいな感じでしたが何とか終了しました。
まったくもってバカ話なのですが、刈払機のあまりの切れなさに「これは刃というものがないではないか」とやっと気がつき新品(1,000円弱)を購入したところ、あまりの切れ味の良さに卒倒しそうになりました。

なので最初だけだと思いますが使用後はちゃんと研いでいます。同時にちゃんと研がれた刃物の威力も改めて感じました。
刀などを作る作業が神事に近い感じなのも分かるような気がします。

今年は花海棠に沢山の実が成っています。確か花海棠はリンゴか梨の種なのですよね。下の写真は4月ごろに咲く花海棠の花です。

ちょっと摘んで食べてみると、渋〜い味です。果実酒に出来るという話を聞いたこともあるので調べてみたのですが、「出来るけどあまり美味しくはない」というような声が多く断念しました。

秋が深まるともう少し色づくのでしょうね。
昨日までの天気とうって変わって今日は夏が戻ってきたようです。
お察しのように、ここのところの気温変化についていけずやや体調不良です。
猫もちゃんと考えて(尻尾は日陰から出ていますが)日陰に入り体を労わっています。

携帯向け配信サイト「Itadaki」へアップを目指して、アコギでの弾き語り一発録音を続行中です。
何の自慢にもなりませんが、中々良いテイクが録れません。
ただ少なくとも弾き語りライヴに向けての良い練習にはなっているはずだと言い聞かせながら頑張っている毎日です。

10月8日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】榎本高/ Infnite Light/他
【開場/開演】未定/未定
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

詳細は後日アップします。


21:47 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.08.30 Wednesday

8月中に書きたかったこと

作業場の上空は米軍厚木基地の航路になっているらしく、時折ジェット機が轟音を伴って飛んでいきます。
昨日早朝の北朝鮮のミサイルの発射があったせいか、昨日今日と数が多い気がします。
あるいは、そういう事があったから飛行機の音に敏感になっているだけなのかもしれません。
フト思ってしまうのですが、太平洋戦争に突入する頃の日本の立場は今の北朝鮮に近いものだったのかもしれません。

このブログになる以前の「私的なコラム」の時代から、8月になると戦争についての自分の考えを良く書いてきました。
ここ数年そういったテーマで書く事が少なくなってきたと思っていました。
勿論実際の戦争体験者ではないわけですが、それでも何か自分の中での「風化」が始まっているようにも感じていました。
今年のお盆は安曇野に行ってたのですが、その間録画しておいた太平洋戦争に関する多くのドキュメンタリーをほぼ見終わりました。
特に印象に残ったのは、日本陸軍が行った「インパール作戦」を特集したものでした。
作戦立案の時点から不可能と言われていた作戦が、実施されてしまった理由が陸軍上層部の派閥や人間関係の力学であったり、面子だったのには心底驚き怒りすら感じました。
それによって現場の兵士3万人が死んでいったわけですから。
この作戦を遂行した司令官や参謀の殆どは死ぬ事なく終戦を迎えました。
対峙したイギリス軍の取調べを受けた際に、
「この作戦失敗の責任は誰にあるのか?」
という質問を受けたのですが、全員が弁解と責任の擦り付け合いをしたと記録されています。
作戦総司令官は晩年になっても、インパール作戦は間違っていなかったというような記録を残したそうです。

戦争は恐ろしいものです。でも戦争よりも恐ろしいのは人そのものなのではないかと思いました。
付け加えれば、人が作る「組織」というものです。
「組織」は暴走を始めると、個人の「感性」を無くすことを強要したり責任を曖昧にするのです。
個として到底あり得ないような判断も、組織の空気の中では正当化されてしまう、そういう過ちは今日でも繰り返されていないでしょうか?
「組織」の最大のものは「国家」という事になるのでしょう。
人は群れに属しているという安心感も必要とします、でも時には「個」に帰って考える必要もあるのです。
北朝鮮ではそんなことは許されないのでしょう。
でも日本でもそういう姿勢を保ち続けることが、難しくなってきてるような気がしています。
そう感じませんか?

 


18:57 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.08.25 Friday

呟き

呟きを政治的に利用して良いんだろうか?ずっとソウ思っているんですが、今時はそうじゃないのかなぁ?
では正真正銘の呟きを。「呟き」というのは意味のないものなのですよ。

毎日のように茄子を食べます。今年も作業場の庭で栽培していて、去年学んだ「追い肥」もちゃんとやっていて順調です。
よく飽きないなぁと思いつつも、取れたての茄子と獅子唐を焼いて食べると本当に美味しい。茄子はちょっと皮が厚めですが、その分実はジューシー。
味付けは生姜に醤油が定番ですが、ここのところのブームは青じそドレッシング。皮を下にして細火で蒸し焼きにしておいて、最後にひっくり返して強火にしてドレッシング投入。実がドレッシングを吸い込んでええー感じ。
そして本物の紫蘇は刻んで蕎麦の薬味にします。
ホントに良く飽きないものです。
そういえば昨年何回か共演したS.T.Uのイケメンベーシスト安藤君も茄子好きだと言ってましたっけ。

オーディオテクニカのマイク4040をもう一本購入して録音中の毎日です。

4040を選んだ理由はこの価格帯では一番ナチュラルだという評判だからです。
通販会社のレビューなどを読んでも、「上手い演奏(歌)は上手く録れ、下手な演奏(歌)はちゃんと下手に録れる」というのが多かったです。
新曲作りと共に今までライヴでやってきた、一人弾き語りのスタイルを録音してチェックしています。
レビューは本当でしたね(笑)。

きっかけは改めて聴き直したディランのこのアルバム。

全曲一発録りでテイクワン。ダビングはなしです。歌だけでなくディランのアコギは本当に凄い。
地球からアンドロメダ星雲くらいの距離的実力差がありますが、「これだな。弾き語りとは。」と思っちゃったわけです。
実際録音してみると、ホントにそれくらいの差がありました(笑)。

でも良いんです。いつも習いに来てくれる生徒さんにも言ってます。
「手っ取り早く上手くなる方法は二つ。人前で演ることと、録音して聴いてみること」

残暑ではありますが、夕陽の傾き具合に秋近しを感じますね。
呟きというのはこれくらい無意味なものじゃないとね・・・・。

ライヴが近づいてきました。

9月4日(月)吉祥寺GB
http://info85594.wix.com/rjgb
【出演】URiTAi/Yu-ho/榎本高/IRON GRAND/MONTANA/他
【開場/開演】18:00/18:30
【Ticket】前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink
大学生/専門学生¥1600 +1drink 高校生以下¥600 +1drink

榎本高は3番目 19:35前後の出演予定です


22:19 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.07.18 Tuesday

立ち寄った新宿御苑で思う

3連休の真ん中の16日、用事があって新宿に行き2時間半ほど待ち時間がありました。
場所は新宿御苑のすぐ近く。新宿御苑の駐車場は値段が安いのでそこに駐車して、ならば新宿御苑に行ってみようということになりました。
入って正面に見える芝生の広場を見て思い出したのがロンドンの公園。ハイドパークとかね。
それもそのはず。ここはイギリス風芝生広場と書かれていました。

ロンドンの公園は主に皇室の元狩猟場。新宿御苑は元大名屋敷。生い立ちも似ているといえば似てます。
それにしても3連休なのにこの人の少なさ。芝生に自由に入れて木陰もあるというのに。


人はむしろ海や山に出かけているのかもしれないと思いましたが、邪推の部分では禁止事項が多いからなのかなぁと思いました。
どのようなものかといえば・・・

アルコール持込禁止
火気厳禁
椅子テーブル持込禁止
ボール等の遊び禁止
ペット入場禁止
楽器ラジカセ等持込禁止

お弁当持ってきてシートひいて食べる分には何も問題ないようですが、昨今のレジャーの必要アイテムはかなり制限されています。
かつて(かなり前ですが)ロンドンの公園色々巡りましたが、これほどの禁止事項が多い場所はありませんでした。
我が国に良くある禁止事項の羅列を見ると、ゲンナリそして少し悲しくなります。
管理側の事なかれ主義もあるとは思いますが、禁止されている事項が問題になった経緯があることも容易に想像出来てしまいます。上野の花見とか見ればね・・・。

ハイドパークの芝生でゴロっと横になっていると犬が芝生の上を楽しそうに走っていたり、子供がラグビーボール抱えてタックルの練習していたりしてました。
かたやバーベキューセット持ち込みや、大型ラジカセでガンガン鳴らしている集団などを見たことがない気がします。
きっとそうことはしないんでしょうね。いたとしても奇異な目で見られるのだと思います。
そんな芝生広場でストーンズのコンサートが開催されたりもするわけです。
何か違いますよね。

おかげで(良いんだか悪いんだか)新宿御苑でとても静かなひと時を過ごすことが出来ました。
小学校2年まで新宿に住んでいたので、何回か来たことがありました。
何かもう少し木が少なかった記憶だったのですが、50年経っていることに気がついて「あぁ当然か」と思いました。
それだけの時間があれば木も育ちますよね。
私たちは成長したのでしょうか・・・?

 


21:50 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.07.11 Tuesday

梅雨はどこへいってしまったのでしょうか?

というような天気ですが、九州は豪雨の被害が出ています。
世の中が荒っぽくなると、天気も荒っぽくなるのでしょうか?
35度なんて気温があまり驚きを感じなくなってきた昨今ですが、自分が子供の頃は30度超えるとちょっと話題になるような感じだった記憶があります。

自転車移動の途中に休むのはやはり木陰です。大きな桜の木陰は体だけでなく、心を落ち着かせてくれる安心感があります。

そうだよなぁ、木をガンガン切って地表をアスファルトで覆ってしまったら気温も上がるよなぁ、と実感するひと時です。

鶴見川沿いで遊歩道を横断中の亀に遭遇。

結構大きく自転車とかに激突するとお互い惨事になりそうなので、川方面に誘導してあげました。
ミドリガメでしょうか?確か外来種ですよね。
ヒアリしてもそうですが、別に来たくて来ているわけではないですよね。
何か可哀想な気もします。

蒸し暑い毎日ですが、ブルースを良く聴いています。レイボーンやロバート・クレイ。フレディ・キングなどなど。
暑苦しいかと思いきやそうでもないんですね。
音を詰め込み過ぎている最近の音楽よりもずっと風通しが良く爽やか。


20:13 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.06.22 Thursday

土作り

終わる事のない庭作業ですが、草刈と剪定は一段落しました。
ただこの時期野草の伸びるスピードは早く、もうボチボチ再開した方が後々楽だぞという声は頭の中で聞こえています。
草刈と剪定で手をつけられなかった菜園。
向かいのIさんが持ってきてくれた茄子一本と、越冬パセリだけが育っています。


この茄子菜園作りのベテランIさんが植えているものだけあってとても良い品種のようです。既に2本収穫していますがこれからも沢山生りそうです。
そこで大事なのが追い肥。
合わせて菜園の空いている部分の土も掘り起こし土作りをしました。


剪定枝処理センターで売っている腐葉土(とても安い)と買ってきた有機肥料を混ぜて作ります。
大麻草を栽培して捕まった奴が、一番大変ではあるけど大事にしていた事が「土作り」だったというのを何かで読んで、ちょっと好感を持ったことがありました。
SNSなどを使って合法的にお金を搾取しているような輩に比べれば、ずっと地に足をつけて(文字通り)生きているなぁなんて思ったわけです。
閑話休題。
それにしてもブルーシートというのは庭作業の際とても便利なものです。
事件現場や上野公園の花見の場所取りであまり印象が良くない時もありますが、庭作業の場合は必需品ですね。
億劫がって出さないで始めると、最終的に必ず後悔します。


さて土を戻して何を植えるか・・・。シソとか獅子唐とかが結構昼食時に役に立つんですが、まだ苗を手に入れられるかどうか。


大麻草は植えないですからね(笑)。土作りに共感しただけですから誤解しないように。
歌詞作りがまったく進まない状況。
毎日文字は書いていますが(笑)。多分土作りのような作業が必要なんでしょうね。そこを飛ばすと結局良いものは出来ないのは皆同じですね。収穫急ぎすぎってことかもですね。

 


20:11 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.06.08 Thursday

考えなければいけないこと2

終わりなき作業のように思えていた春の庭の手入れもかなり片付いてきました。
凄くシンプルなことですが、キチンとやればやっただけの効果があり、いい加減にやればそれなりの形になります。
こういうのって結構気持ちの良いものです。
きっとそうでないことが世の中に多すぎるからでしょうね。
でも後ひと頑張りして全部が綺麗になった頃には、最初にやったあたりの雑草が伸びてきているのでしょうね。
やはり終わりなき作業なわけです(笑)。
ニッコウキスゲとよく間違えられますが、これは野カンゾウです。

皆さんもそうだと思いますが、テロが続いていることに心を痛めています。
何回も書いていますが、今横行しているテロと宗教を安易に結びつけるのはとても危険なことだと感じています。
「宗教」が人を救うものであるとするなら、テロというのは正反対のものです。
しかし歴史的に見ても、宗教に端を発した争いというは数えられないほどあります。
個人的に思うのは、宗教というものが組織化されていくと、それを利用して己の欲を満たそうとする輩がかならず出てくるのだと思います。
旗印が宗教だけに一番たちの悪い偽善かもしれません。
イスラム教に関しての知識があるわけであはありませんが、マスメディアに溢れるテロとイスラムを結びつける言葉にあまり感化されてしまってはいけないと思っています。

「竜馬がゆく」の中に印象深い部分があったのをご紹介します。
土佐の後藤象二郎が、狂信的な攘夷主義者の日本人に襲われかけた外国の公使に、
「どこの国でもアタマのおかしい奴は必ずいる。あれが日本人だと思ってもらっては困る」

明日ライヴです。

6月9日(金) 吉祥寺GB
[SOUL SONGS 〜おとなの唄〜 ROCK JOINT GB 9th ANNIVERSARY]

http://info85594.wix.com/rjgb

【出演】鈴木トオル/ 狩野良昭 / 廣瀬哲也/O.A:Yu-ho
【開場/開演】18:30 /19:00
【Ticket】前売り¥2800+1drink/当日¥3300+1drink 大学生・専門学生¥1600+1drink 高校生以下¥600+1drink


22:02 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.06.03 Saturday

6月になりました。

6月になりました。明日は池袋鈴ん小屋でのライヴ。天気も良さそうなのでホッとしています。
今回は一人での弾き語りスタイル。1月のGB以来です。
歌を歌う事も自分にとっては大きな壁ですが、一人でやるライヴはその中でも最も高い壁かもしれません。
でも高いからこそ超えてみたいという気持ちも沸くのでしょう。

「ブルースマンは一人でやる演奏で自分と向き合わなければならない」。クラプトンの伝記の中にそんな文章があったような気がします。
確かに向き合いますね。一人でやるライヴは。
さて今回はどうなることか・・・。

鈴ん小屋さんでトップバッター19時からのライヴです。

去年1年かけて携帯向け配信サイト「itadaki」に自作の曲を発表し続けてきました。
現在試聴回数が14000回までになりました。ありがとうございます。
先月「Rumbling on my mind」のカバーを発表した時点で、一区切りかなという気持ちになりました。
現在次の発表に向けて曲作りを始めていますが、今までの曲を曲順も考えて1枚のCDにまとめてみました。
当初値段をつけて売るという事も考えましたが、今の時点では多くの人に聴いてもらうことの方が大事に思えています。
ですので既にライヴを見に来てくれた方には無料配布しています。
もし地方の方でこのブログを読んでくれていて、CDをご希望の方がいましたら「Mail」より連絡もらえれば郵送します。
オリジナル8曲+カバー1曲の豪華版です。
希望の連絡が多過ぎて、どうにもならなくなるようでしたらその時はまた考えます。そうなってみたいもんだと思っています(笑)。ですのでご遠慮なく。

季節が巡っていますね。2枚の写真を見るだけでそう感じます。
明日楽しみにしています!


榎本高ライヴ

6月4日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】歳星/中根大輔/榎本高/他
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)
出演時間はトップで19:00の予定です


18:44 | 日記 | comments(0) | - | - | - |
2017.05.25 Thursday

考えなければいけないこと

かつて「ドクダミって結構好きなんだよね」と言ったら、若い女の子に「エーっ!」というような顔をされてしまったことがありました。
確かに独特の香りもあったりしますが、あれはあれで茗荷とかにも通じる薬味的な香りではないでしょうか。薬草としても使われていたわけですしね。
日当たりの少し弱い玄関の脇に群生しているのですが、その姿は控えめな清楚さを感じます。以前違う場所に群生してたのをまとめて刈ってしまったら、翌年から一切出なくなりました。意外と繁殖力は弱いのかもしれません。

またしてもテロが起きてしまいました。
もう止まらなくなってきている。
最初にそう感じてしまいました。
そして片方では特定の人たちの安全の確保や生活を守りさえすれば良い、というような閉鎖的な社会への流れがあり、この相反するエネルギーが世界に何をもたらしていくのか悲観的な気持ちになります。
音楽を楽しんでいた何の罪もない多くの若者が犠牲になったのは言葉で言い表せない悲劇です。
同時に22歳の若者が自爆テロに走ってしまった事も悲劇だと感じています。
ふと、彼はどんな花が好きだったのだろうかと思いました。別に花でなくても良いのですが、彼が「美しい」「愛らしい」というように思っていた心は一体何処へ行ってしまったのだろう、何がその心を失わせてしまったのかと考えてしまいます。

昨日チラシを見ていたら、家のエアコンの動作を外出先からスマホでコントロール出来ますというのがありました。
そういった無意味とも言える利便性を強欲までに求めて享受している社会がある一方、国土が戦火にまみれて明日の生活すら予測がつかない場所が同時刻に地球の上にあるという事、そしてそれに対して何も出来ない自分に対しても苛立ちを強く感じています。

榎本高ライヴ

6月4日(日) 池袋鈴ん小屋
http://www.ringoya.org/
【出演】歳星/中根大輔/榎本高/他
【開場/開演】18:30/19:00
【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)

出演時間はトップで19:00の予定です


21:19 | 日記 | comments(2) | - | - | - |
2017.04.27 Thursday

GW直前

やはり今年は寒暖の揺れ戻しが多い気がします。
つぼみが大きくなってきたツツジもタイミングを計りかねているようです。例年に比べてやや遅めのようですが、これから気温が高い日が続けばドドッと咲き始めると思います。

ここのところ少しずつ庭作業をしています。今年はとにかく早めに作業を始めるように心がけました。
この時期野草はあっという間に大きくなります。当然大きくなれば作業は大変になり、袋詰めの作業も大変になります。そうなると作業をする事自体が億劫になり、モタモタしているうちに更に大きくなるという完全な悪循環になります。
こういう事は後で何とかするという手段が全く通用しません。ですので一日30分ずつですが先週からやっています。
ここ数年なるべく成長が早く背が高くなり嵩も増える野草はなるべく早めに抜いていました。そうすると段々それらの草は出てこなくなるのですね。種子が撒けないからでしょうね。
そうすると庭全体の野草の植生が変わってきます。

ここ数年増えたのはカラスノエンドウやヒメオドリコソウといったあまり背の高くない野草です。面白いものだと思います。

それぞれの野草はそれぞれに魅力的ですが、生存や種の保存のために熾烈な戦いをしているのが分かります。
今年も梅の実が沢山生っています。今年は無事に育ってくれると良いのですが。

そして去年プランターで育てていたパセリ。寒くなって小さくなってしまったのですが、地植えにしておいたら復活しました。こういうのってちょっと嬉しかったりします。

さてGWは久し振りの安曇野です。皆様も楽しいGWをお過ごし下さい。


21:36 | 日記 | comments(0) | - | - | - |

▲top