私的なブログ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.04.09 Thursday

5/9「Twin Live Vol.11」延期のお知らせ

大変残念ではありますが、5月9日に開催予定でした「Twin Live Vol.11榎本高&種ともこ」はコロナウィルスの感染拡大防止のために延期に決定しました。

楽しみにしてくれていた皆様には大変申し訳ない気持ちです。
出演する側も見に来て下さる皆様も、心に「負い目」や「罪悪感」のようなものを感じながら時間を共有するのはライヴの在り方に反してしまうと思いました。
5月初旬の開催を決めた際、この時期には収束していて欲しいという願いも込めていました。しかし現実は遥かに厳しい状況になっています。

現在世の中には膨大な情報が流れています。
果たしてどれが正しく、何を信じて良いのかが分からなくなっています。
ただ間違いなく言えるのは見えざる脅威がすぐ傍まで近づいているという事です。
なので一旦立ち止まり活動を制限して内省する時期なのではないかと感じています。
そして今この時期に感じている色々な矛盾や疑問、喜びと悲しみ虚無感や憤り、そして人間そのものの不完全さについてもこの先の音楽の中に投影していきたいと思っています。

作業場にある柿の木の新芽が美しく強いと感じました。

 

寒い冬を耐えて、それまで体内に蓄積していた喜びを謳いあげているからだと思います。

振替の日程はまだ決められない状態ですが、必ず同じ形でのライヴをやろう!というメッセージを種ちゃんからもらっています。
その日を皆様と共にしたいと心から願っています。
皆様くれぐれもご自愛ください。


21:06 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2020.03.26 Thursday

3/29「Twin Live Vol.10」延期のお知らせ

コロナウィルス感染拡大防止のために3/29「Twin Live Vol.10榎本高&扇田裕太郎」は7月5日(土)に延期になりました。
楽しみにしてくれていた皆様には本当に申し訳ない気持ちです。

Twin Live Vol.10 榎本高&扇田裕太郎

2020年7月5日 (日) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】榎本高/扇田裕太郎
【開場/開演】16:30/17:00
【Ticket】2500円+2drink

わずか3日前に開催を告知しながら、延期の至ったことに言葉にならない無力感を感じています。
自分が信じるものは一体何なのか?という強い問いかけを反芻しながらこの文章を書いています。

幸いなことは扇田裕太郎君、アルティカ7の皆様の協力で振替のライヴが延期の決定と同時に決められたことです。
その際にこの問いかけに答えられるライヴが出来るように日々を過ごしたいと思っています。

先行きの見えない日々ではあります。
為政者たちの節操のなさを非難したくなる気持ちもあります。
でも今は止めます。
健康が第一であることは全ての人に共通する事だと思います。
まずはそれからです。
皆様くれぐれもご自愛ください。

Twin Liveシリーズ次回は5/9です。遂に!という言葉がピッタリのこの人の登場です。

この日が晴れやかな気持ちで迎えられることを僕は信じています。

Twin Live Vol.11 榎本高&種ともこ

2020年5月9日 (土) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】榎本高/種ともこ
【開場/開演】14:30/15:00
【Ticket】3000円+2drink


18:55 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2020.03.14 Saturday

つだみさこの茶の間 vol.9@Miiya cafe

無事終了しました。
ご来場の皆さまありがとうございました。

2月の代々木アルティカでのTwin Liveと昨夜のライヴ、お互いの主催ライヴにゲスト出演するという「エール交換」のような形になりました。
つだチャンとは長い付き合いですけど、こういう形でライヴが出来た事を嬉しく思います。

しかしこの2回のライヴの間に世の中は大きく揺れ動きました。

昨夜感じた事はライヴの自粛も相次ぐ状況ではありますが、音楽のエネルギーというのはそういったネガティブなものを超えていく力があるのではないかという事でした。

ポジティブな気持ちは免疫力を高めるという説もあります。
未知なものへの畏怖は勿論忘れてはいけないとは思いますが、出来る対策をして各々の「他者を慮る」気持ちを信じて乗り越えていければと思っています。

つだチャン、Miiya cafeの皆様お疲れ様でした!
そして、もう一度ご来場の皆さまありがとうございました!


11:47 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2020.02.25 Tuesday

大森隆志&HAKATA Connections 九州ツアー

無事終了して昨日帰京しました。
世の中が微妙な雰囲気の中、足を運んで見に来てくれた皆さん本当にありがとうございました!
そして現地でオープニングゲストで演奏してくれた、博多のTeam大和、大分のDeeDeesの皆様、更にサポートしてくたスタッフの皆さまに心から感謝します。

発起人の白浜さんを除けば一度も共演したことがなく、しかも年上でキャリアもネームバリューもある方々。
やや緊張しました。
やはりベーシストとして最初に触れたいのはシーナ&ザ・ロケッツのドラマー川嶋一久さん。
久しぶりにロックドラマー魂を感じさせてくれるドラマーとの共演でした。
カッコ良いんです。とにかく。「それだぁ!」という感じ。
ああいう雰囲気って若いドラマーに言葉で説明出来ないんですよね。
60年代〜70年代のロックに足の指先から頭のてっぺんまで、身も心もドップリと漬かっていたからこそ出てくるものです。
細かい音符よりも曲の中身に深く入っていこうという姿勢も同様だと思います。すごく音楽的なのです。

そして元サザンの大森隆志さん。
もう根っからのギター好きで音楽好きな方。
ちょっと脱線しますが、空き日に白浜さんとアコギで弾き語りをする女性アーティストのコンテストで審査員をやったのですが、その後のワークショップで自分の教室でやっているリズムトレーニングのいくつかを教えていたのを後から参加して見ていた大森さん。
翌日、
「榎本君、昨日のあの練習方法これで良かと?」
「あっ、もうちょっとこんな感じで」
「こう?」
「あっ、そうです。もう少しこんな感じで」
「こう?」
「そうそう!それです」
「これ良か練習ねぇ」
こっちが緊張してしまいました(笑)。
キャリアがあっても名声があっても音楽に対しては常に謙虚な気持ちを持っている事を強く感じました。
大分で最後に大森さんが歌った「旅姿六人衆」。川嶋さんの叩くエモーショナルなグルーヴに乗って圧巻でした。
一言でいってブルース。演奏していて鳥肌が立ちました。
今回大森さんセクションはインストが多かったので、もし次回共演する際があったら歌ものも、もっとやりたいです!ってお願いしちゃいました。

現地でサポートに入ってくれた鍵盤の塩田和代さん。悪戦苦闘しながらも頑張ってくれました。お疲れさまでした。

そして発起人の白浜さん。
いつも通りの白浜さんではありましたが、やはり微妙に違う感じでした。
大森さんと白浜さんタイプで言えばかなり違うギタリスト。プロジェクトで裕太郎とやっているのとはまた違うスイッチが入っているように感じました。

それと前記したギター女子のコンテスに参加した全員からも刺激をもらいました。
簡単に言えば「負けたくない」。これに尽きます。(笑)。

ここには書ききれない出会った多くの皆様にも感謝を!
ロックな4泊5日の旅でした。
写真は結局あまり撮れなかったので、毎日を支えてくれたSBホテルの朝食バイキングを。


毎日納豆と生卵で2杯食べてました。美味しかった。

ほぼ一週間ぶりに作業場に戻ってきたら、しだれ梅の開花が始まっていました。


また一歩春が近づいてきました。
 


19:23 | MUSIC | comments(2) | - | - | - |
2020.01.01 Wednesday

新年の挨拶と昨日の報告

明けましておめでとうございます。
今年もまたまたよろしくお願いします。

さて昨日は吉祥寺GBでの弾き語りライヴ。
昨日のうちにアップしたかったのですが力尽きました(笑)。
ご来場いただいた方は気がつかれたと思いますが、かなりの鼻声だったと思います。
27日のプロジェクトライヴが終わった後さすがにグッタリしてしまった隙を見事に付かれました。
まぁ、インフルではなく熱が出るわけでもなく単なる鼻詰まりですが。
ではお世話になった方々のカバーを中心にしたメニューを。

1.ハイウェイ#99とヴァガボンド・ムーン (高橋研)
2.What did you say? (白浜久)
3.何のために (狩野良昭)
4.傷だらけの天使 (小山卓治)
5.明日へ

基本的にカバーって好きなんですね。
作った人の世界観を感じながらそれを自分に投影していくのはとても面白いし勉強になります。
「傷だらけの天使」は「クリスタルレインドロップ」に続いて2曲目の卓治さんのカバー。
やはり歌っていて「グッとくる」ところが自分の中でもあります。
歌詞のストーリーに持っていかれるというか。
まだまだではありますが、卓治さんファンからも「榎本の傷だらけの天使はまた違った感じで良い」と言われるように深く深く自分のものにしていきたいと思っています。

そう直ぐなんですよ。ワンマン。大変だ!
とにかく今年もよろしくお願いしますね!

 

榎本高ワンマンライヴ Vol.4

2020年1月18日 (土) 代々木アルティカ7
http://www.artica7.live/
【出演】榎本高
【開場/開演】16:30/17:00
【Ticket】2500円+2drink


17:29 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2019.12.28 Saturday

白浜久プロジェクト「日々是響音元年 vol.2」

無事に終了しました。

色々なチャレンジがあるライヴでした。
やはり少々疲れました(笑)。空虚な気持ちとでも言いましょうか。
やはり何か凄いことになってきているなぁって感じはしました。
「何か凄いこと」くらいしか表現方法が見つからない(笑)。

このプロジェクトGBには合っている気がしました。
音も抜群に良かったみたいですし(客席側の音は一生聴くことが出来ないので想像での表現しか出来ません)。

昼前から作業場に来て楽器の手入れと31日への準備を少ししました。
31日は再び吉祥寺GBにて今度は弾き語りライヴ。白浜さんや卓治さんの曲のカバーもやりますよ。

庭の落葉も終盤。やはり今年は山茶花が当たり年のようです。

2019年12月31日(火)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】小池啓仁/榎本高/狩野良昭/他
【開場/開演】15:30/15:45
【Ticket】¥2500+1drink


榎本高は17:15前後の出演予定です

 


17:31 | MUSIC | comments(4) | - | - | - |
2019.12.26 Thursday

明日へ

最終リハも無事終了。

明日です。
心からお待ちしています。

 

白浜久プロジェクト「日々是響音元年 vol.2」

2019年12月27日(金)吉祥寺Rock Joint GB
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】gtr&vo:白浜久/gtr&vo:小山卓治/gtr&vo:扇田裕太郎/bs&vo: 榎本高/drums: 西川貴博/pet&vo: 多田暁
【開場/開演】18:30 / 19:00
【Ticket】¥5.000+1ドリンク
入場料先行予約された方には特典CDを進呈


21:58 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2019.12.22 Sunday

桐ヶ谷仁SUNSET LIVE VoL.7 feat.yoshie

無事終了しました。

 

何はともあれ桐ケ谷仁さんのライヴ復帰おめでとうございます!ですね。
仁さんと始めて一緒に音を出してから35年以上経っています。

こういった体調の不良みたいな事があるとお互い歳をとってきたことを改めて感じます。
でもそれを乗り越えてまたライヴが一緒に出来るというのは本当に幸せなことだと思います。
気持ちの良いライヴでした。

さていよいよ近づいてきましたね。

白浜久プロジェクト「日々是響音元年 vol.2」

2019年12月27日(金)吉祥寺Rock Joint GB
https://www.rjgb.tokyo/
【出演】gtr&vo:白浜久/gtr&vo:小山卓治/gtr&vo:扇田裕太郎/bs&vo: 榎本高/drums: 西川貴博/pet&vo: 多田暁
【開場/開演】18:30 / 19:00
【Ticket】¥5.000+1ドリンク
入場料先行予約された方には特典CDを進呈

榎本高弾き語りライヴ 2019歌い納め

2019年12月31日(火)吉祥寺ROCK JOINT GB
https://www.rjgb.tokyo
【出演】小池啓仁/榎本高/狩野良昭/他
【開場/開演】15:30/15:45
【Ticket】¥2500+1drink

榎本高は17:15前後の出演予定です


10:30 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2019.12.15 Sunday

「豚骨ロックvol.87杯目」

無事終了しました。
遅い時間にも関わらず足を運んでくれた皆様ありがとうございました!

ウーン、初めての場所あまり良いとは言えないモニター状況。
少々プレッシャーを感じつつ自分の声もギターも聴こえてない時もありましたが、とにかく心がけたのは「丁寧に」という事。
それは最後まで貫けたと思います。
かつての自分だったら投げていたかもしれませんが、やはり自分で曲を書いて歌うようになって、どんな状況でも投げてはいけないという気持ちは強くなったように思えました。

帰路、渋谷駅周辺は年末恒例の深夜工事の影響で大渋滞。
どこまでも経済成長と高らかに歌うように夜空に向かって伸びていく商業施設を見ながら、「一刻も早くここから離れたい」という気持ちで高速に乗って家路を急ぎました。

さて今週末は桐ケ谷仁さんの江の島ライヴ。
9月の予定だったのですが、仁さん若干体調を悪くして延期になりました。
元気になられてまたライヴを共に出来る事を本当に嬉しく思います。

桐ヶ谷仁SUNSET LIVE VoL.7 feat.yoshie

2019年12月21日(土)江の島 虎丸座
http://www.toramaru.net/
【出演】Vo&Gtr:桐ケ谷仁/Drums:足立浩/Bass:榎本高/Gtr:渡辺具義/Key:南方美智子/SAX & Key:寿田道陽/feat.Vocal:yoshie
【開場/開演】16:00/17:00
【Ticket】前売:4,800円、当日:5,300円(軽食付き・ドリンク別)


10:38 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |
2019.11.18 Monday

歌録り

木枯かと思いきや生温い風が吹いている今日から「明日へ」の歌録音を始めました。
これは元々「限りあること」というタイトルでかなり前からライブでは歌っていた曲です。
既にご存じの方もいるんじゃないかなぁ?
自分にとってもリアルなテーマな曲だけに少し持て余し気味の曲でもありました。
何回も録音し直して聴いてみても何かひとつしっくりこないものがあり、録音物としては完成に至っていませんでした。
今回白浜プロジェクトの2枚目のCDを作るにあたって、「榎本君も曲を提供しなさい」という下知(とてもありがたい)が下り、迷った末この曲を聴いてもらいました。
「とても良い」ということで数日後にオケのラフミックスが送られてきました。

素晴らしい。

仮に合わせて歌ってみたところ、以前迷っていた気持ちが消え
「これは良い曲になる!」
と思えました。

それだけにプレッシャーも感じています。
歌入れを始め、今休憩中にこの原稿を書いていますが、この先どれくらい時間がかかるか全く分かりません。
とにかく自分自身に真正面から向き合う時間になっています。
さてもうワンテイクいってみましょう。

 


21:11 | MUSIC | comments(0) | - | - | - |

▲top